「民間の給与と公務員の給与は、住民の理解と納得が得られるよう適正にしなさい」と、平成19年に総務省から通知が来ました。いわゆる「民間の給与と公民の給与の差を縮小しなさい」という公民較差の是正です。

12月議会では、このテーマで一般質問をしました。

 

一般行政職は、事務・企画・窓口など、それぞれの業務が多岐にわたっており、さらに、福祉、都市開発、生活環境など、それぞれのカテゴリーも多岐にわたっており、正確な民間給与との比較はなかなか難しいもの。

(しかし、高額な退職金などを考えると、民間給与よりも高額であることは間違いありません。ちなみに、一般行政職とは、皆さんが見る市役所で働いている人たちです。技能労務職とは、給食調理員や土木の技術員さんなどです。)

 

だから、技能労務職という比較しやすい職で民間給与との較差を自治体は調査し、公表しています。

このように。

区分

公務員

民間

平均給与月額

平均給与月額

高石市

422,015円

272,500円

大阪府

354,408円

321,662円

(平成23年度の職員の平均給与月額の状況 ※一部抜粋)

ご覧のとおり、高石市の技能労務職の給与は、民間と比べて、約15万円、大阪府と比べて、約7万円、国と比べて約10万円高い水準となっています。

総務省から通達があったからというだけではなく、この較差は市民感覚からかけ離れていると言わざるを得ません。

 

公務員の給与は俸給表というものに基づいて決められています。通常なら、一般行政職と技能労務職で俸給表が分離されています。しかし、高石市は通常分離すべき俸給表を一般行政職と技能労務職とで分離されていません。ここに高石市の技能労務職の高額給与の原因があります。

上の図でいうと大阪府と国は俸給表が分離されています。だから、平均給与が高石市より低いのです。

 

これは高石市が放ったらかしにしてきた既得権益と言わざるを得ません。

高石市は今までに、悪名高い特殊勤務手当の月額制撤廃、賃金カットなど労働組合が保持してきたものを廃止してきました。しかし、一般の会社と較べたら、このように不公平な賃金体系は残っています。

俸給表も他の市町村より高いです。地域手当も泉州でイチバン高いです。

 

好景気においては、市の職員は民間企業よりも給与が低額だった時もあるでしょう。低賃金で働くことが正しいとも思いません。むしろ、給与のデフレ合戦が生じると経済に深刻な影響を及ぼします。

しかし、この技能労務職の給与と民間給与の乖離は、看過できません。市民が納得のいくカタチではありません。

 

毎晩、遅くまで頑張っている職員の矜持を護るためにも、

政治・行政への信頼を取り戻すためにも、

こんな不公平な仕組みを抜本的に変えていかなければなりません。

コメント & トラックバック

畑中さん、こんばんは。
今回の給与のことで質問があります。

民間、高石市、大阪府、国 とそれぞれ平均給与月額の金額が表になっていますが、この金額に年齢構成は考慮されているのでしょうか。別に高石市の肩を持つわけではありませんが、このところ新規採用が少なくなり、平均年齢もかなり高くなっているのではないでしょうか。通常、民間も公務員も年功序列で基本的に高年齢ほど給与は高額になります。それぞれ年齢構成は異なると思いますので、平均給与だけでは一概に比較できないと思います。

また、一般行政職と技能労務職の俸給はなぜ分離しなければならないのでしょうか。「技能労務職」に「一般行政職」と同じ高給を与えるのはけしからん的な差別意識が感じられます。学歴、資格、能力、階級、労働量で給与が異なるのは理解できますが…。

労働組合の力で得た既得権益により高石市だけが高給になったような書き方ですが、これも市議会のチェックが甘かったからではないでしょうか。

市民グループみたいな不満を並べる前に、多数派議員の1人として改革に取り組んでください。
市民も職員も両方が納得する行政改革を期待しています。

権兵衛様
ご意見有難うございます。
平均年齢は、高石市:46.7歳、大阪府:47.3歳、国:48.8歳、民間:43.1歳となっております。
詳しくは、コチラをご覧ください。
http://www.city.takaishi.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/9/kyuyotei19.pdf
仰るとおり、平均年齢や稼働時間などで総合的に判断すべきです。そして、そういった判断材料から私の指摘に繋がっているとお汲み取りを下さい。
また、民間は業種によって違うので一概には言えませんが、公務員の年功序列とは全く違うと認識しています。高年齢だから給与が高いというのは、公務員には当てはまることですが、民間には当てはまらないと思います。

一般行政職と技能労務職の俸給表の分離は差別を助長しているわけではありませんが、大阪府も国も分離をしていますし、社会的にみても分離すべきであると思います。
また、この公民較差をなくすためには、俸給表自体を低額にするか、分離するかという手段が挙げられます。
この較差をなくすための手段の一つでもあるということもご理解下さい。

労働組合がもっている既得権益は、バブル期などの時期なら看過されていたのかもしれません。今は、その時に拡げ過ぎた風呂敷を畳む作業が必要です。既得権益だけではありませんが、何事も「畳む作業」の方がしんどいもの。これからの市議会は、このしんどい畳む作業をしていかなければなりません。既得権益の抵抗を受けたとしても。
批判もあるでしょうが、私は、その前線に立って闘いたいと思います。

要するに「給食調理員や土木の技術員さんなど」、民間でもできる業務は民間にさせ、高給取りの公務員はいらない、ということですね。畑中さんが紹介されたデータを見ると、私が予想した通り一般行政職の平均年齢は高石市がダントツに高いようです。技能労務職はたしかに合計の平均では国>府>高石市ですが、多数をしめる調理員以外は国と同等かそれ以上。民間との比較が調理員だけなのも、給食民営化のための悪意を感じますね(これは市が作ったものなので畑中さんの悪意ではありませんが)。給食調理員にせよ保育士にせよ、公務員は平均年齢が高く民間は低い。これは、公務員が厚遇ゆえに長く続けられる職場なのに対し、民間は昇級もなく退職せざるをえない職場、ということではないでしょうか。同じ仕事をさせるのなら、安上がりな方がよい、というのはもっともですが、民間側の待遇もよくなってほしいものです。

畑中さんはこれからしんどい畳む作業に取り組まれるとのことですが、技能労務職だけでなく、一般行政職の給与ならびに高額退職金問題、副市長が二人もいるのかどうかの精査、市議会議員の給与カットと定数削減にも勇気をもってぶつかってください。活躍を期待しています。

>権兵衛様
ご意見有難うございます。
失礼しました。
最新版はコチラです。
http://www.city.takaishi.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/9/kyuyotei19.pdf
これによると、平均年齢は国と府よりも高いのに、平均給与は高石市が高いというのがご理解いただけると思います。
民間との比較がなされているのは、賃金センサスが特定されており他の業種との比較が難しいからです。そこに悪意は存在しません。
逆に、窓口業務や保育士などのオーソライズされた民間の平均給与があれば、公民較差の開きはこれよりも拡大されているという事実が公になると私は考えています。ですので、給食民営化に向けての恣意的な資料作成というわけではありません。

ご期待をいただいてるように一般行政職の民間との開きも縮めていかなければなりません。
特に退職金ですね、ご指摘のように公務員の退職金も高額です。現行法上、難しい問題ですが、これも市民から納得のいく現状ではありません。
ちなみに、個人情報保護などの障壁はありますが、私は窓口業務などもこれ以上のサービス改善がなければ民営化していくべきだと考えています。

議会の定数削減は、会派として提案をしています。私たちは次の選挙の時には定数を減らすべきだと考えております。

いずれにせよ、公務員の人件費は安ければいいという考えは持っていません。市民からみて納得のいかない現状を変えていかなければならないと思っております。その線引きは、今までにいただいたご意見やお考え、ご不満から、私なりの市民感覚をもって判断をしております。
また、ブログにも書いてあるように、職員の矜持を護るということも大切です。市の為を考え、粉骨砕身されている職員さんもたくさんいます。

公務員が悪い、民間が優れていると一元的に考えるのではなく、今の時代の流れの中で「イチバン公平」な在り方を見出していかなければならないという思いからです。

窓口業務の民営化としては、堺市の市立堺病院の窓口が民間会社に委託されてましたね。市役所と同じかそれ以上に重要な個人情報を扱う病院で実現しているのだから、市役所の窓口も不可能ではないと思います。

「職員の矜持を護る」のも大事ですが、職員の意識を高めることも大事だと思います。会社も学校も役所も、トップ次第の部分があります。高石市職員の社長ともいえる市長が、職員のリーダーとして機能しているのかにも目を光らせてください。以前、パワハラ騒ぎがあったとも聞いています。職員の持つ力が、その人数以上に感じられるくらいの市政運営を期待しています。

議会の定数削減に関しては、貴会派のお二人だけでは実現しないことなので、議員間で同士を増やしてください。次の選挙が前とまったく同じでないことを期待しています。

>権兵衛様
ご意見有難うございます。

窓口業務等の民営化は、抵抗もあるので一朝一夕では進みませんが、仰るように加西市や高浜市の先進事例もありますので参考にしながら進めてまいりたいと思います。

また、職員の矜持を護ることが意識を高めるうえで必要不可欠であると考えています。市長はワンマン的なリーダーなので、組織の制度疲労が既に始まっていると私は肌で感じているところです。

たしかに、議会の定数削減は他の議員さんを撒き込んでいかなければなりません。非常にセンシティブな問題ですが、それも政治家としての力量が問われるところだと思います。「ボクたちは提案したんですが、他の議員さんが・・・」という言い訳ほど自分の力不足を吐露するものはないので、提案した以上は背水の陣で頑張りたいと思います。

畑中先生
いつもブログを拝見させていただいております。
今回の先生の提案は至極当然のものであると思います。
色々な理由があると思いますが、先生の書かれているように今の民間と公務員の給与はかけ離れ過ぎていると感じざるを得ません。
私は特別養護老人ホームや学校給食を管理する仕事をしていますが、そのうち公立給食と一緒に学校給食を管轄させていただいております。
私のところだけかも知れませんが、公立の方々の意識の低さに驚きます。
アレルゲンの対応をしようとしない、自分たちで調理しようとしない(工場の出来あいの食材しか使おうとしない)など、そんな現場です。
これが本当に子どもたちにとって質のいい給食を提供できているのか甚だ疑問です。
民間がいいとは断言できませんが、今までのやり方から脱せないのであれば民営化すべきと思いますし、そんな人たちが高給を得ているのが納得できません。

この不公平を正しくしてもらうよう頑張って欲しいと思います。
よろしくお願いします。

吉田様
コメント有難うございます。
実状はご指摘のとおりだと思います。
ただ、効率性だけで民と公の議論を進めてもなりません。余計な感情論を引き起こさないためにも、不公平の是正をはからなければなりません。
宜しくお願い致します。

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから