フィギュアスケートの高橋選手が銅メダルをとりました!私は美的感覚が乏しいせいか、あまり演技や表現など分からないので、妻から「何が得点になるのか」を教えてもらいながら見ていました。

 う~ん、それでも分からない(苦笑)。

 しかし、すごいですね、氷上であんなに踊ったり、飛び跳ねたりは、相当な練習の賜物でしょう。

 オリンピックを観ていて感心するのは、一瞬の舞台までの4年間の研鑽を、すべてそこで出し切る、失敗したら減点対象、それでも果敢に挑んでいく・・・。

 織田選手や小塚選手、上村選手や國母選手を見ていると、果たして自分の4年間の研鑽は命を賭けて積めているのか?などと自問してしまいます。

 私たちも4年に1回の審判を下されます。市民相談や報告会、勉強会やネットーワークづくりにまい進していますが、もっと効率的な動きができないものか、いつも悩んでいます。

 それでも、暗中模索しながら活動し続けた2年と9ヶ月。

 これからも悩んで、切磋琢磨し続けるのでしょう。

 この悩みがなくなったら、政治家をやめるべきと自分で思っています。

 成長するためには、苦悩は必要ですから。

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

フェイスブック

最近のコメント

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから