午前中のふれあいスポーツ大会に出席させてもらってからは、
泉北いきいきの郷での収穫祭に家族で伺いました。

9歳までは感性教育を、
10歳からは知識教育を中心に、という持論のもと、
今のうちに色んな体験を通して感性を養って欲しいと考えています。

10453125_665015450233971_8663049467975343275_n

「育てる」という過程があればもっといいのですが、
それでも「土に触って、玉ねぎ引っこ抜いて、食べる」という一連の流れを体験することで、
食べるという当たり前のことに感謝の気持ちを持って欲しい、
そんな思いで家族で収穫祭を楽しみました。

また、厚労省と農水省で「自然農法と健康維持」について先進的に研究をされている方からのお話も聞けて、
高石市に「市民農園×スマートウェルネス」という落とし込みの可能性も模索してみようと思いました。

1512369_665015473567302_3865883427582824238_n

そして、なんといっても自然農法で育てられたサラダは格別!
サラダバー方式なので、参加者の方々は何度もおかわりしてました(^_^)

10406814_665015503567299_7298027686777371522_n

夜は泉大津市議、南出インターン生の立志式にお邪魔しました。
南出さんには本当に良質な刺激を与えてもらっています。
今晩もそう。
学生の志を拝見する場でしたが、何度も自分の志を問い直す場ともなりました。

コメント & トラックバック

先日の泉北いきいきの郷の収穫体験ありがとうございました。
たまたま記事を拝見する機会があり投稿させていただきました。
写真でマイクをもっている坪井と申します。

「市民農園×スマートウェルネス」是非、ご検討いただきたいと思います。
実は私の所属団体の本部が伊豆の国市にある大仁農場で、自然農法の研究開発をしています。地元の三島市と協働し、有機農法の市民菜園に対して、専門アドバイザーを2名派遣して取組んでいます。

三島市もスマートウェルネスでまちづくりを推進していますので、この記事が気になったところです。三島市の山田川自然の里と三島市佐野体験農園で協働しています。

何かの参考になればと思いまして投稿させていただきました。
突然の投稿失礼しました。

一般社団法人MOA自然農法文化事業団 坪井正治

>坪井正治さま
コメント有難うございます。
健康生活と密接なかかわりをもつ「食」は、まだまだ見直されていかねばなりません。
とくに医療費が年々増加傾向にある我が国において、食生活の見直しという観点は大きなファクターと成り得ます。
自治体での取り組みから活用できるモデルを構築できればと考えております。
宜しくお願い致します。

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから