昨日のヨミウリの朝刊

<「大阪府学テ」不参加11市町村>

府教委が6月に公立小、中学校を対象に行う「大阪版学力テスト」に不参加の市町が増えている問題で、新たに和泉市が不参加、八尾市が参加を決めたことが府教委のまとめでわかった。府内43市町村の方針がすべて明らかになり、不参加は11市町で1/4を超えた。

和泉市教委は、今回から児童・生徒に渡す成績表に在籍校の平均正答率が記されることが「学校の序列化につながる」と不参加の理由を説明。府教委は「不参加は極めて残念だが、判断を尊重する。」としている。

和泉市以外の不参加の市町は、大阪、箕面、大東、大阪狭山、泉大津、高石、阪南の各市と豊能、能勢、熊取の各町。

 

反対の市町は、和泉市教委の理由とほぼ同じでしょう。

クローズされていた各小中学校の平均正答率がオープンになる。

小中学校の序列化が明確になる。

不動産屋の手に渡れば、事前に学校のレベルを伝える。

もしくは、風評被害が活発になる。

成績の悪い学校区はどんどん人口減少。

廃校。

という論理ではないでしょうか。

 

でも、自分のまちの小中学校のレベルは、大体把握していると思うんですよ。

よく「A中学校は不良が多い」とか「B中学校区は成績優秀」とか。

でも「A中学校はクラブ活動が盛んで、成人した今でも当時の友達関係が続いている」とか「B中学校は勉強ばかりしていたせいで、人とのコミュニケーションがどうしても苦手になってしまった」とか、まわりでよく聞く話じゃないですか?

学校別の平均正答率がオープンになってしまったところで、人口減少や廃校につなげるのは、聊か論理の飛躍だと思います。

でも、これは、学力テスト公開非公開における個人的な見解。

 

もう少し掘り下げて考えてみると、なぜ今迄通り自治体別に統計をとろうとしなかったのか、もしくは、小中学校別の平均正答率をクローズにするよう徹底しなかったのか。

学力テストというものは、比較検討材料が少なければ少ないほど意義が薄くなるもの。1/4しか参加出来ていない状況は、もはや学力テストを共通で実施する意義が無くなっていると考えます。

 

つまり、府内の公立学校が全校参加することによって学力テストの意義が最大限発揮されるという大前提があるのにも関わらず、なぜ、反対する市町がでてくる結果を安易に予想し得る、各校の平均正答率をクローズしないという手法を採らなかったのか。

 

反対する市町の炙り出し?あとで、何らかの制裁が?

色々と見え隠れする「学テ問題」

コメント & トラックバック

これに関しては目に見える手柄が欲しいだけな気もするけどね。
ただ、橋下さんとしては

学力査定

指導査定

教員査定

なわけやから、学力査定に引っ掛かれば「先生大丈夫なの?」って声は必ず出るやん。
そうならない為にも成績伸ばそうと、先生達がより学習指導のマニュアル?にそう様になるでしょ。
マニュアル無視して人権問題、同和問題、戦争問題(主にアジアにおける日本軍問題)とかばっかりやってた教員もおるからね、和泉はね。

そういうのって日教組と関わりの強い人も多いし、反橋下の人が多いから炙り出したいんかもね。

それに平行して学力があがるんやったら、府民市民からも評価されやすいし、一石二鳥やん。
しかも、それで大阪維新の会に力がついたら、国政にも意見しやすくなるしな。

って、視点が斜めすぎるかな?

コメント有難うございます。
至極全うな政治リテラシーによる分析だと思います。
そして、イデオロギーとしても全く異論をはさむ余地もありませんね。

ただ、
政治的イデオロギーに子どもたちを撒き込むという手法はいかがなものかと。
靖国も歴史認識も人権問題も日教組も領土問題も、どうしてもイデオロギー化されてしまうのが問題の根本解決を遠ざけているように思えます。
結局は、「どっち派」という記号化された選別をすることによって、問題そのものの本質よりも、自分がどの立ち位置にいるかで安心してしまっている政治家が多いと思うので、イデオロギー的に分別されないようにと問題提起をしてみました。

ふーむ、なるほど。
ただ、実際の現場はそうは言ってられへんのじゃないかなぁ。
国歌を聴くだけで全身から汗が噴き出すとか言ってる教員もおるわけやし。
どっちもどっちな気もしてくるね。

個人的には「市民の声」とやらを拝聴する機会も、そうそうあったもんじゃないからな。
一部市民は「我々の声が市民の声だ!」って言うけど、賛成した憶えも無ければ聞いた事もないから。
話し合いにならんしな。
つか、話し合っても俺にはメリットが無いか。

視野を広くというのもなかなか難しいね。
まだまだ修行不足です、はい。

返信不要。文字に残す必要無し。
またね。

コメント有難うございます。
政治家がこんなことを言うべきじゃないのかも知れないけど、時間が解決する事があるということも視野に入れるのも必要だと思います。そういう教員は確実に減ってきているワケですから。
だからイタズラにイデオロギーとして話題性を高めても、それが果たして根本的な問題解決になるのか?という問いは避けられない。
「市民の声」というのは、ここでは招かれざる議論かもしれないけど、その通りだと思います。
コンセンサスを図るには時間がかかるし、一部の意見を叶えるために突っ走っても独裁だと言われるし。どちらも一長一短。
判断するべきは、置かれている時代が、安定期なのか混乱期なのかということだと思います。

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから