本日、取石310号線の工事が完了し、16日から供用開始されるそうです。

ココ↓

現場はこんな感じになってます。

一見したところ、見通しはいいものの狭隘な道路の為、歩道と車道の間に段差がなかったり、通勤時に渋滞の抜け道に使われないかなど、以前から心配していました。

地域の自治会長も居合わせて、便利になって嬉しい半面、同じような心配事もあると、色々な課題を共有することができました。

保護者の送迎で道路が煩雑となるので、スクールゾーンの指定はできないのか、見守り隊の配置変えも検討しているなどなど。

「スクールゾーンの指定は確かに必要。職員に聞いてみます。」と役所に帰ってきて、早速職員に聞いてみると、「スクールゾーンはやるつもりですよ。」とのこと。

この情報をもう一歩早く仕入れていたならば、自治会長と、

「どの時間指定が妥当なのか」「スクールゾーンだけで間に合うのか、簡易な柵の設置はできないものか」など、さらに掘り下げた意見交換ができたハズ。

林先生より「松下幸之助翁は、人より先に憂え、人より後れて、楽しむのが経営者だと語った。人と共に憂え、人と共に楽しむようではいけないとのことだ。」と拝聴し、まだまだ未熟だと思い知らされました。

危険性や問題は市民よりも早く察知し、改善した後でも、スムーズに運営できているか念入りに見守る。プロとして当然の心構え。

常日頃からもっと広くアンテナを張らなくてはいけません。

自戒の意を込めて。

 


ここも以前から気になっているところ。

芦田川ふるさとジョギング広場。

こんなに桜が美しく、見晴らしも良く、適度な大きさの公園なのに「ただ、そこにあるだけ」の公園になってしまっています。以前は、寺子屋ウォークなども行われていたのですが。

いまは、遊具も少なく、イベント行事も行われていない。

今年度には南海中央線が延伸され、隣には周景事業中の芦田川。

非常に勿体ない使い方をしていると、こんな桜の風景を見ていると改めて感じました。

何かできないものか。

人より先に・・・実践できているか分かりませんが、気付いた時点で、知行合一で行動しなければ。

コメント & トラックバック

こんばんは。
芦田川ふるさと広場(旧ジョギング広場)が「ただ、そこにあるだけ」の公園とのことですが、
これのどこに問題があるのでしょうか? 改修前のジョギング広場時代は、樹木が生い茂り、
非行の温床になりかねない雰囲気がありましたが、現在は大空をさえぎるものがなく、とても開放的で良いスペースだと思っています。いずれは西側に大阪府が整備を進めている親水型の河原もできるし、これで駐車スペースがあれば文句なしだと思いますけどねぇ。「ただ、そこにあるだけ」の何もないのが魅力の公園なので、特にイベントも必要ないと思いますが、いかがでしょうか。

匿名さま
コメント有難うございます。
ご指摘のとおり、改修前のジョギング広場は公園と呼べる代物ではありませんでしたよね。今では、見晴らしも良くなって、開放的な空間が形成されていると思います。

私は特段、この公園を「問題」と認識しているのではなく「使い方が勿体ない」と思っていることをご理解ください。すなわち、もっと活かせないのか、という思いを持っているのです。
また、イベントや行事をおこなうことが目的ではありません。お母さん同士の繋がり、世代間交流など地域が元気になるような公園作りが目的です。イベントや行事などは、あくまでその為の手段です。

ですから、「ただ、そこにあるだけ」の公園では、勿体ないんですよ。それも魅力の一つだとしても、それ以上の価値を存分に発揮できるような公園作りをしていきたいと思います。

レスポンスありがとうございます。

公演が入らないと意味がないホールなどと違い、公園はうまく機能すれば「そこにあるだけ」で十分な市民サービスを発揮すると思います。「芦田川ふるさと広場」は、行政が定期的に草刈りなど整備をしてくださっているので、近隣の住民や保育所のこどもたち、病院の患者さんなどが安心してくつろげる憩いの場となっています。これは高石市の仕掛けの成功例だと誇ってもいいのではないでしょうか。だから何も「勿体ない」ことはありません。それよりも府の「ふるさとの川整備事業」によって交通安全面などで支障が出ないよう、監視なさってはいかがでしょうか。

匿名さま
再度コメント有難うございます。
そうですね、「ふるさとの川整備事業」が安全に進捗されることもとっても大切なことですね。
おそらく、公園に対する「見据え方」の相違だと思いますよ。「くつろげる憩いの場」として十分機能しているのは周知の事実だと思いますし、定期的に管理できているのも素晴らしいと評価できるでしょう。
ただ、私はそこで満足できない公園観なるものを持っているということです。
あっ、説明不足で申し訳ありませんが、自分が満足するために無駄な税金を費やそうとしているわけではありませんことをご理解下さい。
いずれにしろ、「どんな公園にしたいか」という色々な考えがあっていいと思います。私は、先のコメントどおり様々な良質な結果をもたらす公園に発展させたいと思うわけです。
とはいえ、匿名さまからこういうご意見をいただかない限り、公園というものをもっと狭い幅で考えてしまっていたかも知れません。
私が政治をする以上、貴重なコメントをお寄せいただき有難うございます。

「公園観」と言われればもうこれ以上は口を挟めませんね。

遊具が多く、寺子屋ウォークなどのイベント行事が行われる公園が勿体なくない公園ということでしょうか。

匿名さま
再度のコメント有難うございます。
遊具が多いことや寺子屋ウォークなどのイベント行事が行われることは、あくまで手段です。そして、もっと言えば、公園が活性化することも手段です。
本質的目的は、地域を元気にする、住民同士がもっと身近な距離間で接することのできるような「場所づくり」にあります。言うなれば、その本質的目的が満たされれば公民館でも学校でも構わないのです。
ふるさと広場ぐらいのポテンシャルがあるのに、その本質的目的を達成するためのアプローチが為されていないのが私が感じる「勿体ない」という思いになるのです。
ですから、イベントが行われれば勿体ない状態が解消されるというものではなく、地域コミュニティを高めるために公園を活かせていないことが勿体ないのです。

口を挟めなくしたつもりはありませんので、遠慮なさらずご意見仰って下さいね。

結論としては、公園に限らず施設などを有効活用して地域を活性化させる、地域力を高めることが目的ということでしょうか。もっとも、その仕掛けづくりが行政や議会の仕事でもありますよね(もちろん住民も受け身のままではいけませんが)。そんな仕掛けが成功し、今、住んでいる人たちの幸福度が上がれば、自然と人口も増え健全な高石市になるんじゃないでしょうか。今でも治安が良く恵まれた住環境だと思いますが、よりいっそうの向上を目指したいものです。そのためにも、畑中議員さんは心を広く持ち、前向きに活動していってくださいね。

匿名さま
ご理解有難うございます。
仰るとおり、地域力を高めるための手段として公園などを始めとした公的施設の有効利用ということにスポットライトを当てて、「このままでは」と申し上げたつもりでしたが、分かりづらい説明で申し訳ありませんでした。
また、高石市は治安が良く、住環境としては非常に恵まれた環境でもあると私も同じ認識です。

アドバイス有難うございます。
そうですね、「こころを広く持ち」何気ないようで大切な言葉です。私たちのような仕事は、研究や現場経験を重ねるうちに、ついつい独りよがりになってしまう傾向があるようです。
それに対してブレーキを踏んでくれるのが角度の違う市民の声だと思っています。ですので、市民のご意見は、アドバイスにもなり、ブレーキにもなってくれるのです。
何度もご意見いただき有難うございます。

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

gucci outlet様
有難うございます★

コメントする

*

フェイスブック

アーカイブ

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから