DSC_0137

今までは「力みなくして達成なし」と、どこかで聞いたような人生哲学を信じ切っていたのですが、も少し自然体に身を委ねるべきと思い始めました。

 

まだまだ若いですね。

 

茶道に触れたことや、座禅を組み始めたこと、禊を始めたことが、そう気づかせてくれたのかも知れません。

 

自分の到達したい目標まで、自分の為し得たい事業のためには誰よりも汗を流すことはもちろん必要なのですが、そこには結構ムダなことも多く、また、そのムダのせいで冷静にまわりを見渡せていなかったりすることも多々あります。

 

そして、私の為すべきことは、どうやらそのムダを許してはくれないところまで至っているようです。

今年は、そんな自分の未熟さに気付きを得、またひとつ修身へと誘われました。

 

来年からはもう少し在るがままで自然体の自分を信じ、それでいてタフな活動をこころがけるようにしたいです。

※写真は、その自戒の意味を込めて・・・

 

今年は喪中なので新年の言祝ぎは遠慮させていただきます。

皆さまが健やかな新年を迎えられ、来年も素晴らしい1年となりますよう心より祈念いたします。

 

高石市議会議員 畑中政昭 拝

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから