遅くなりましたが、去る5月25日の臨時議会において、市議会議長を退任し、古賀秀敏議員に議長職を託しました。

議会を代表する立場という意味合いもあり、公務による拘束時間が想像以上に多く、自分自身の自由な議員活動を制限しなければ務めきれない1年間でした。

とはいえ、やってみなければ分からないことも多く、今となっては大変勉強になった1年間でした。

これからはいち議員として、3期目の最終年に向かって頑張りたいと思います。

とりあえずは、「議長の時に質問できなかったあれやこれや」を整理し、議会での審議に臨みます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから