「これから水道管の老朽管を更新していく必要があるのでお金が余ってても目先に使うのではなく、未来に置いておくべきです
と訴えてるのが、現在ポスティング中の「日進月歩」です

未来なんかより目先の生活が苦しいから料金を値下げしろ!」と、数件ぐらいは苦情の連絡が入ることを覚悟してました。
いくら叱られても、罵倒されても、「未来のことを考えた政治をしましょう」と真っすぐに訴える必要が、このテーマにはあったからです。
もちろん、それへの対応も頭のなかで理論整理したうえで配り続けてました。


おおよそ、7割ほどの地域を配り終えましたが、なんと苦情ナシ(今のところは)。
それどころか、今日はこんな電話が。

「私は府営住宅に住ませてもらってて、年金のみで生活が苦しいけど、
政治家が選挙のことだけを考えてたから色んな問題が残ってるねん。
今までやってこなかったことをやらんとあかん。たとえ怒られても
あんたはそれをやろとしてんのが分かるよ、頑張りや。

嬉しくなって、ジーンとしました。

2015-11-09 15.30.17

取石の風景と重なって「テルーの唄」が頭に流れました。
https://www.youtube.com/watch?v=onRoJsdFsZ4

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

まだコメントはありません。

Comment feed

コメントする

*

フェイスブック

アーカイブ

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから