インターン生の堂馬です。
2月22日~2月25日の活動報告です!
この4日間は、毎日朝7時からそれぞれ南海線の高石駅・羽衣駅・高師浜駅に立って
関西若手議員の会のチラシを配りました。
朝早く起きるのはなかなか大変でしたが、会社や学校へ行く市民の方々に向かって
挨拶をしながらチラシ配りをするのはとても清々しい気分でした!
みなさんお急ぎの中、こころよくチラシを受け取って下さってうれしかったです。
こうやって1枚1枚直接に手渡しすることでまた直接お声をかけることで少しでも関心をもっていただけたらうれしい限りです。
 
そして、午後からは市内の住民の方々のお家をまわり、市政だよりとチラシのポスティングをしました!
私はとにかく方向音痴なので慣れない土地を迷わずに歩けるか不安でしたが地図を頼りに試行錯誤しながらがんばりました!笑
毎日無我夢中でポストをみつけては投函、ポストをみつけては投函という作業を繰り返していました。
そして、軒先に市民の方がいらっしゃる場合はお声をかけさせていただきました。
最初は私のことを訪問販売者と思い警戒される方が多かったのですが、市政だよりを配布している旨を伝えるとみなさん親切にお礼を言って受け取って下さいました。
政治に対する関心が薄れてきているとは言われているけれど、全く無関心の人なんてほとんどいないのではないかと思います。
やはり、自分の住んでいるコミュニティのことは程度の差はあれど、みんな気になっているのだと感じました。
とにかく歩き回ってこの数日間で少しは土地勘がよくなったのではないかと思います笑
 
こうやって1人1人、1軒1軒に個々別々に働きかけるというのはとても気の遠くなるような作業であり、また実際に目に見える形で返ってくるものはほんのわずかです。
何千枚のチラシを配っても、実際に報告会にいらっしゃるのはたった数名です。
けれども、私たちの目に見えないところで、私たちの活動を知ってくれたり、また関心をもってくれたりする方々はたくさんいると思います。
というかたくさんいると信じたいです笑
チラシ配りをしていて出会った笑顔でチラシを受け取ってくれた方々や、ポスティングをしていて出会ったお礼を言って市政だよりを読んで下さった方々を直接この目で見て、そう思いました。
自分の想いを知ってもらうためには、自分の足で動いて、自分の目で見て話をして地道に働きかけることが実はとても大切であるということがわかりました。
私もこの心がけを忘れずにこの先もがんばっていきたいと思いました!

コメント & トラックバック

すごいね

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから