» 2010 » 6月

 6月議会が閉会。議案そのもののボリュームは少なく、スムーズに審議が行なわれた。

 ただ、行政から国民健康保険の財政運営を健全化する計画が発表された。国保の財政悪化は、財政健全化4指標の連結実質赤字比率に直接的に影響するので、悪くなればなるほど、夕張市のような財政破綻に一歩一歩近づいてしまう。水道事業会計の黒字部分で国保の赤を賄っているのが現状。

 国保財政の負債は、平成21年度(見込み)累積11億2743万4000円。平成19年度までは、少しずつ累積赤字を減らしてきたのだが、平成20年度からは一転。今まで返済してきた分を飲み込んで、累積赤字が一気に膨らんだ。

 

 原因は、府からの支出金が減ったり、昨年のインフルエンザワクチンで医療費が高くなったりとのこと。

 そんな要因は予測不可。国保の保険料は、必要な医療費から逆算されて算出される。単純にいうと、医療費が高くなれば、保険料も高くなるし、安くなれば、負担も安くなる。

 ただし、被保険者が事業者やサラリーマンを退職された高齢者のため、少ない掛け金で多額の保険料支出をしているのが、日本の国保の制度的限界を示唆する現状。だから、少なくとも一人一人の掛け金を上げることをしなければならない。ということは、保険料が高くなるということ。

 しかし、医療費が高いという現実も抑えておかなければならないポイント。よく言われるのが、病院のサロン化である。どこかの学者がこんなことを言っていた、「少しヤンチャな中高生はコンビニにたむろするが、高齢者は診療所にたむろする」。やや、言い過ぎな感も否めないが、実際に台所で手をうった程度で、外科の診療所の門を叩く方もおられる。

 もちろん、慢性な病だったり、病気になったり、ケガをされたら、病院に行かなくてはならないのだが、それでも病院に行き過ぎる現状があるのではなかろうか。

 実際に、高石の医療費は大阪府下でも高い位置にランキングされている。

 H20診療費ランキング

 1位 岬町  2位 高槻市 3位 島本町 ・・・ 9位 高石市

 ※ちなみにH12は、2位

  

 病院に行かないでと求めることはできないが、サロンのように病院通いすることで、被保険者の負担が益々増加することに、少しだけ考えをめぐらせて欲しいと思います。

 

 例えば、ジェネリック医薬品を使えば・・・はしご受診をしなかったら・・・など、様々なやり方がある。

 また、根本的解決に向かうには、制度的矛盾を解消しなければならない。国保の広域化や法改正なども必要ですが、ソフト面(ヒトの意識の部分)でも変えていかなければならない。

 

 高石市民の国保財政へのご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

 先日、関西州政治家連盟を立ち上げました。地方の疲弊は、国の中央集権体制による画一的、均一的、平均的な法律、制度によって、もたらされました。

 今、地方にもっともっと権限を移譲して、受益と負担が明確になるよう、住民が政治を分かりやすくなるよう、国家がもっとスリムになるようという考えから地域主権型道州制が提唱され、橋下知事などが、懸命に訴えておられます。

  

 この地域主権型道州制は、総務省や国会議員が導入してはならないものと考えています。分かりやすく言うと、地方から今の問題点・課題をあぶり出し、その最終にあるものが地域主権型道州制という過程を辿っていかなければ、「どっかの知らない誰かが国の形を変えただけ」と思われ、何も変わらない結果になります。

 地方から声をあげていくには、我々ももっと勉強しなければなりません。

 私のライフワークです。

 人生をかけてでも、やるべき事が見つかり、進めていくのは、人間として嬉しい限りです。

 6月5日(土) 龍馬プロジェクト総会@東京 

 なかなかリアルな情報を発信できずに申し訳ありません。またまた、まとめての更新です。

 この日は、地元高石で青空魚市の手伝い・ふれあいスポーツ大会に出席後、龍馬プロジェクトの総会に行ってきました。

 龍馬プロジェクト 詳細はコチラ→→http://ryouma-project.com/

 吹田市の市議会議員「神谷宗幣」氏は、林塾の先輩でもあり、橋下知事との教育勉強会を立ち上げたバイタリティ溢れる同士。彼が、竜馬プロジェクトの発案者であり、彼の情熱が、日本全国に波紋のように拡がり、「このままではいけない」と日本を憂う若手の政治家、政治家志望者が、たくさん集まりました。

 「事は1人から起こるが、1人では進まない」という言葉があります。私は、選挙前から、私利私欲・党利党略がない同市の先輩議員・仲間がいました。だからこそ、「1人では何もできない」ということが骨身に沁みて分かっています。

 しかし、若い議員は、自分のまちの議会で、なかなか自分の考えが分かってもらえず、孤軍奮闘をしている方が多いです。そこに閉塞感を感じ、「できない理由」を作ってしまうということをよく耳にします。

 

 そういった仲間と出会い、話し合い、議論をし合う。そして、共有していくと、自分の思いが「独りよがり」でなかったことに気づきます。自分のなかで度胸がつき、さらに自分のまちでの活動に精を出すことが出来るようになるわけです。

 

 こういった思いは有権者の方も同じです。自分の1票なんかで、世の中変わるわけないと思ってしまいがちですが、それでも重い価値があります。

 一人が変われば、みんなが変わる。みんなが変われば、世の中が変わる。

 広めていきましょう!

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから