» 2011 » 4月

 私たち候補者は当落かかわらず、選挙にかかったお金を収支報告書で選挙管理委員会まで提出しなければなりません。

 0円以上からの領収書を添付して、費目別に分けて、出納簿を作って、5月9日までの〆切に間に合うように作らなければなりません。

 しょうじき、結構な手間です。政治関係はこういう手間は多いのです。年に一度、政治団体(後援会など)の会計報告、政務調査費の領収書提出(3年前導入)などなど・・・。

 しかし、こういった手間の一つ一つは先達の罪によるものです。

 不正なお金のやり取りや、業者との癒着・・・そういった「市民から政治への信頼を失くしてきた原因」があるからこそ、こういった手間をこなしていかなければなりません。

 そして、そんな原因があるからこそ、公職選挙法というものは、非常に分かり辛い法律となっており、実用的ではなくなっています。

 これも「孫子に回してしまったツケ」なんです。

 だからこそ、将来を見据える政治が必要なんです。

 それが間違いかもしれない。あるいは正しいかも知れない。でも、そんなことは将来の人間が決める答えであって。

 今、私たちができることは、将来を見据え、そのために今やらなければいけないこと、変えなければならないこと、守らなければならないことを、責任をもって実践していくことなんです。

 高石の未来の為に、今を変えましょう。

 

 お陰さまで1548名の方が私に期待してくださって、二期目のスタートをきることができました。

 前回より得票が少なかったのは、私に期待して下さった方が期待しなくなった、若しくは、落第の判を押されたということです。

 ボランティアの方々や、畑中まさあきを広めてくれた方々には、ただただ申し訳なく、自分の努力不足だと思っています。

 しかし、それをバネに、腹を括り直して、この4年間を今まで以上に、駆け回ります。

 そして、政治を「魅せる」ことに力を注いでいきたいと思います。

 選挙期間のときよりワクワクしていますし、やる気が漲っています。

 さぁ、楽しみ。

 公職選挙法では、お礼を禁止されていますので、ご報告まで・・・。

 ~マルクス・トゥッリウス・キケロ~

 4年間、お世話になりました。6万高石市民から与えてもらったこの4年間は、本当に充実した日々でした。謂われもしない罵倒や覚えのない賞賛もありましたが、それも含めて政治家の4年というものを腹に落とし込むことができました。私をここまで大きく導いてくれた試練に本当に感謝いたします。

 同時に、憤懣からの活路を見出すこともあります。それすらも政治家の大きな栄養なのです。そして時間をかけるべき「気付き」なのです。この気付きを見落とすようなら、政治家を辞する時期だと自分に言い聞かせています。

 

 明日からは、公職選挙法というもののせいで、当ブログやmixi、ツイッターを更新することはできません。

 その代わり、公職選挙法というもののせいで、五月蝿くとも、魂のこもった叫びを高石のあちらこちらで訴えることができます。それが、我々候補者に許された「主張の方法」なのです。

 私は、懸命に訴えようと思います。相手の悪口や、違った主張の批判ではなく、自分の情熱を。

 私は、懸命に叫ぼうと思います。空念仏や、甘い幻想ではなく、市民が叶えることのできる夢を。

 全ては、高石の未来のために。

 全力を尽くします。

 私がしなければいけないことは、保身でもなく、相手を陥れることでもなく、6万高石市民が手に入れることのできる幸せに一歩でも近づけることです。

 その命題の実現のために。

 全力を尽くします。

 

 今日までの、被災地へのご協力有難うございます。お陰で義捐金も約2200万円ほど集まったとのことです。今後も復興に向けて、できることを続けていきたいと思います。 

 さて、高石市では、東北地方太平洋沖地震の被災者用住宅を下記にて募集しています。

1.募集期間

平成23年4月11日~平成23年4月28日

※その後も被災地の状況に応じて適宜募集

2.募集家屋

①個人住宅の空き屋

②社宅及び共同住宅の空き室

3.居住期間

1ヶ月以上6ヶ月以内

4.費用

家賃・敷金等は無償

光熱水費は入居者が負担

入居できる状態にするための必要な経費は市が負担(ハウスクリーニングなど)

5.申し込み方法

被災者用住宅を一定期間ご提供いただける方は、以下の項目について電話・FAX・メールでお申し込み下さい。

①住宅等提供者氏名

②住所・連絡先

③提供住宅の住所、種類、戸数

④受け入れにあたっての条件等

申し込み→高石市救援対策本部(危機管理課内)

 TEL:072-265-1001

 FAX:072-267-3078

 メール:kikikanri@city.takaishi.lg.jp

詳しくは → http://www.city.takaishi.lg.jp/kakuka/soumu/kikikanri_ka/topics/hisaishayoujuukyoboshuu.html

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから