» 2011 » 6月

20101217日 チュニジアの失業中の男性モハメッド・ブウアジジ氏が街頭での青果販売を警察によって阻止され、それを苦に、焼身自殺によって異をとなえた。また、そのブウアジジ氏の葬儀も警察によって妨害されたことにより、チュニジア国民の反発は一気に激化。ウィキリークスやFacebookなどインターネットのソーシャルネットワークを中心に、反発運動は民主化デモへと進化し、今年の114日、ベンアリ大統領の国外脱出により23年間のチュニジア政権は崩壊した。

ひとりの青年の死が、イスラム圏での民主化運動として昇華されたこの運動は、チュニジアの国花ジャスミンから「ジャスミン革命」と命名された。

 

 

 

 

 

 

20106月 エジプト、アレクサンドリア市に住むカレド・サエド氏は、警察の麻薬取引に関与する映像をYouTubeにアップロードした。その2時間後にサエド氏は警察から拷問を受け、帰らぬ人となってしまった。そのサエド氏の悲惨な亡骸の写真もネットで公開されたことによりFacebookには「We are all Khalid Saeed 私たちもカレド・サエド氏と同じ事がいつ自分の身に起こってもおかしくない」というメッセージが掲げられた。それは、今年の125日にタハリール広場に集まって抗議しようという運動へと展開していく。

今年の211日、ムバラク大統領の国外逃亡によって、エジプトの反政府デモは結実。30年にもわたって続いていた長期政権が、1か月もたないうちに崩壊。

 

この波は日本にもやってきます。(やってきています。)

 

それは、民主化デモの波ではありません。

ソーシャルメディアの情報拡散の波の到来についてです。

 

FacebookCEOであるマーク・ザッカーバーグは「今後5年間ですべての産業はソーシャル化する」と断言されました。

 

日本の産業も、顧客(Fan)とのコネクトを強くしようと、かつ、その顧客(Fan)による更なる情報発信を展開しようとFacebookを活用しだしています。

 

しかし、日本はネットのスピードに対応した法整備もままならないどころか、日本国民自体が急速に変化するネット社会についていけていない状況にあります。

 

ネット社会に対応できる国民を1人でも増やす事を善とする主張ではなく、

受け取る情報の真偽性を確かめもせず、その情報を鵜呑みにしてしまう、

生来の日本人のメディアリテラシーの薄弱さに危機感を覚えてしまいます。

 

 

未だにテレビや新聞のいうことが本当だと信じている人がたくさんいます。と、同じように、未だに政治家のいうことが本当だと信じている人がたくさんいます。

 

 

そして、これは学校の教育なんかでは変わることは無いんでしょう。

 

 

私は、このfacebooktwitterの広がりは、悪用などのデメリットも感じますが、たくさんの多角的な情報を摂取するという経験に非常に役立つとも思っています。

 

小中学生は、学校裏サイトを使って、匿名性を果敢に発揮して、特定の人物をいじめます。モンスターカスタマーは、気に入らなかった業者などを、mixiで誰かになり済まし、廃業寸前まで追い込みます。モラルの低い有権者は、自分の言う事を聞いてくれなかった政治家に、かよわき市民の皮を被り、徹底的に攻撃します。

 

こんなことが社会問題として起き上がっている現状において、facebookなどの流行は、非常にいい流れだなぁ、と感じるのです。

 

こういった利用者の多いソーシャルで情報を摂取し、かつ、実名性の高いネット上で議論をすることで、日本人のモラルが守られる可能性を感じています。

 

 

いや、こんな偉そうなことを言っている私も、そこまで詳しくないのですが。

 

昨日は、そんな勉強会に行ってきました。

 

ゼロから法整備しても、影響は薄いです。

でも、流行度の高いインフラ(この場合はfacebook)などを駆使して、政治を行うという観点も求められていると思います。

昨日、6月議会が閉会しました。

開会したのが、1年前のように感じるほど、中身の詰まった議会だったと感じました。

ドッと、疲れが出ましたが、議会閉会後に次の議会に向けての闘いは始まっています。

9月議会は、第5次財政健全化計画が策定されることや、市長が掲げた政策の進捗とその是非、中学校給食・公の施設の耐震化の進行具合などなど、重要なタスクがたくさんあります。そして何といっても9月議会は、決算委員会が開かれます。

議会に向けての準備以外でも、今夏はとても忙しいです。

改選後のインターン生の受け入れ、東北地方への支援、同僚の松本議員との施設見学、監査委員としての決算審査など、スケジュールがかなり埋まってきています。

さすがに、昼夜兼行しながらタスクをマネジメントしていかなければ、追いつきません。

でも、今はそれぐらいが自分にとっていいペースなんだと思います。

自分が処理できる容量のものであれば、そのままの自分ですが、

自分が処理しきれない容量を処理しようと挑戦することで、

自分が成長し、色々な局面に立ち向かえる糧となるんだろうと思います。

ひとつずつ知行合一で行動していきます。

 

昨日はドラゴンボート大会でした。

私は、高石商工会議所青年部として配艇をお手伝い。

 

毎年、この梅雨の時期なので天候が心配されますが、何とか大雨も降らずに、事故もなく、終われました。

聞くところによると、某市では、このドラゴンボート大会を行政が行ってきたらしいのですが、財政難で運営不可能になってしまったそうです。

ですので、今回、スタッフが全員ボランティアで運営されていることに大変驚かれているチームもありました。

何でもかんでも行政が行う時代ではなくなってきています。

市民力が問われています。

■  ■ ■ ■ ■ ■

本日で6月議会の議案が全て終了しました。あとは一般質問のみです。

最後に、クリア高石さんから議員提案として、中学校給食導入における検討委員会の設置条例について議案が提出されました。

そのなかで検討委員会の委員報酬が9000円記されていたのですが、この9000円の委員報酬は行政が提出していた補正予算には、もちろん計上されていません。

どうされるのですか?

と、聞いてみたところ、「財源は行政にまかせます」とのお答えだったので、それはあまりに無責任だろうと反対をしました。

他にも市教委の手法のほうが民主的であることもあり、反対したのですが、それに関しては議事録をご参照ください。

私が謂いたいのは、「議員としての責任」についてです。

いま、日本中の自治体が財政難です。もちろん高石もそうです。

そんななかで、議員は、自分の政策を実現するのに如何様にして財源を捻出するかを考えなければなりません。

その思考がなければ、市民の要望で終わってしまうし、実現なんて程遠いものです。報酬をいただいているプロとして無責任だと私は思っています。

日本を悪くしているのは悪意ではなく、無能な政治家である。と言われるように、議員は知識・能力ともにレベルアップしていかなければなりません。私もまだまだ未熟なので、勉強会やネットワークを作って、自分の無能な部分を補完しています。

■  ■ ■ ■

そういった思いもあり、かなりキツイ言い方もしてしまいましたが、私の真意はご理解いただいて、次回はもっと練れたものがでてくるのであろうと思っています。楽しみに待ってますし、高志会も提案していくつもりです。

そして、主義や主張は違えど、議員同士でビシバシやり合うことで、より質の高い議論ができると思いますし、何より高石市議会にとってプラスになると思っています。

議会基本条例で有名な北海道の栗山町では、議会中はかなりの激論が繰り広げられ、傍聴者も驚くらしいですが、終わったら、議会で懇親を深めあうそうです。

私も、言いたいことは言いますし、キツイ言い方もしてしまいますが、終わったあとで「ちょっと言い過ぎてゴメンね。」「いやいや、こちらこそ」「じゃあ、こういう実現の方法は・・・」と言い合えるような関係が誰とでも築けたらと思っています。

先入観や猜疑心でいがみ合うと、共通目標があっても、同じ歩調で進んでいけません。今の国会がそうですね。

高石市議会は随分、言いたいことが言い合える環境になってきましたし、議論ができる環境になってきました。

まだまだ、もっともっと、ですが、流れはいい感じですよ、高石市議会。

平成23年度一般会計補正予算における質問・提案事項

 まずは、この補正予算がどういう位置づけか・・・

 予算には四種類あります。    

 ・当初予算・・・1年の予算、いわゆる見積もり。ほとんどの自治体が3月議会で提案され、審議をする。

 ・骨格予算・・・市長選挙前に、政策予算を計上せずに人件費等の最低限の必要な予算を計上させたもの。

 ・補正予算・・・当初予算に対して増額・減額する予算。必要があればいつでも提案され、審議をする。

 ・暫定予算・・・会計年度開始までに(4月1日)予算が成立しなかった場合に、一定期間について最小限度必要とされる予算。

      

 今回の補正予算は、骨格予算の後の補正予算になります。つまり、改選後の市長の思いが込められた予算であり、骨格予算に対しての肉付け予算という位置づけになります。

 つまり、私たち議会にとって、非常に大切な予算であるということです。

 さて、私の主な発言をお伝えします。

■ ■ ■ ■ 

■  (指摘→提案)自主防災組織について

自主防災組織・・・各自治会単位で構成され、自治会住民の防災力向上のため、AEDの訓練や初期消火訓練、講演、防災倉庫の設置などを行う組織。

・現在52自治会のなかで、36の自治会しか結成されていない。(結成率69%)

・今年度中に100%の結成を目指すとのこと。

【指摘・提案】

・4年前に自主防災組織を結成している自治会は28組織だった。4年間で8つの結成の伸びしかないのに、今年度中で残り16の自治会が結成できるのか。

・今までの課題として、小規模の自治会はなかなか結成できる人的余裕がないと当該自治会から聞いていた。

・自主防災組織を有する比較的大規模な自治会が、隣接する小規模自治会とともに自主防災組織を組めるよう行政からコーディネートするべき。自治会同士の広域連携が必要

■ ■ ■ ■

■  (要望)災害時要支援者リストについて

災害時要支援者リスト・・・地震や水害などの災害発生時に自力または家族の支援のみでは避難が困難な方が、事前に自分の情報を市へ登録する制度。

  ・個人情報保護法が妨げとなり、極端に情報を行政に伝えることを拒む市民の方もいるため、今まで遅々として進まなかった。

【要望】

  ・今まで毎年作成すると言ってきたのに、全然前に進んでこなかった。

  ・情報を提供することを躊躇われる市民の方以外のリストを、まずは作ることが先決ではないか

  ・もういい加減、今年中に作成するように!

■ ■ ■ ■

■  (指摘→提案)緊急速報エリアメールについて

  【指摘】

・地震発生時の情報発信が不十分である。

  →防災行政無線も屋内にいると聞こえない。

  →広報者も深刻な地震であれば街中を走らせることができない。

  →携帯型無線機を市民全員に配布したら何十億という経費がかかる。

【提案】

緊急速報エリアメールというサービスをNTTドコモがやっている。

・市民は携帯電話の設定をするだけであり、無料で使える。

・市町村の契約料は月額21000円と低額。

・地震発生後、普通の携帯メールなら混線し、届かないが、このエリアメールはエリア限定の専用回線なので届けることができる。

・避難場所やテロ被害情報・地震予知情報など多彩な情報を配信できる。

・現在、ドコモだけだがau、softbankも前向きに検討している。

・災害は、「認知」「避難」が重要。このサービスで「認知」の部分が飛躍的に向上するので、高石市も取り入れて欲しい。

■ ■ ■ ■

■  (要望)土地開発公社の健全化について

【要望】

 ・土地開発公社の保有高(塩漬けの土地)は4次の財政健全化で一定の成果がだせた。

 ・しかし、最終的にはこの公社は解散させなければならない。

 ・次の計画は、公社の保有高をゼロにするぐらいのものを策定して欲しい。

■ ■ ■ ■

■  (要望)高石の営業力について

【要望】

 ・箕面市のホームページは、箕面市民だけではなく、市外の方へのPRがすごい。

 ・箕面市は民間経験者をスカウトし、営業課というものを設置した。

 ・まちの魅力の宣伝・イメージ戦略は公務員では限界がある

 ・民間のセンスとノウハウを活かして高石のイメージを市外にアピールして欲しい。

 ・人口減少対策はここからだ。

■ ■ ■ ■

■  (指摘→要望)企業立地促進条例について

企業立地促進条例・・・一定以上の規模を有する企業が、新たに設備投資などを行った場合に固定資産税の減免などをおこない、税収増を図ることを目的とされた条例。 

【指摘・要望】

 ・今や、この条例が制定されてある自治体は高石だけでなく、工場の多い自治体はほとんど制定されている。

 ・特に目新しいものでもない、この条例が新たに企業を呼び寄せることができるとは考えにくい。

 ・もっと、インパクトのある条例を制定すべきである。

■ ■ ■ ■

■  (指摘&要望)中学校給食について

・平成24年度中に高南中学校をモデル的に実施し、その後順次、中学校給食を実施していく。

【指摘&要望】

 ・自校方式・民間委託・ドライ方式の3点セットで導入すべき。

 ・適温で食べさせることのできる自校方式にすべき。

・小学校給食の公立直営の調理員の人件費が高額過ぎる。

  → 公立直営・・・約4340万円(1校当たり平均)

    民間委託・・・約2350万円(   〃   )

 ・アレルギー対策などのサービスも民間業者のほうが優れている。

 ・ウェット方式よりもドライ方式のほうが衛生面で優れている。

 ・保護者・教員・現場の意見をしっかりと汲み取って、より良い業者を選定して欲しい。

  センター方式・・・1ヶ所で給食をつくり、各小学校へ配送する手法

自校方式・・・その学校の調理場でつくり、各教室にもっていく手法

親子方式・・・小学校で中学校の分まで給食をつくり、中学校までもっていく手法

公立直営・・・「給食のおばちゃん」が公務員であること。

民間委託・・・「給食のおばちゃん」が民間業者の従業員であること。

 
     

 

ウェット方式・・・調理場の床が濡れていること。熱湯消毒などが可能。濡れているため、雑菌の温床になりやすい。調理場が狭くても設置できる。

ドライ方式・・・調理場が文字通り「乾いている」床。非常に清潔。調理場を広めにとらないと設置できない。

 

 以上が、主な提案or指摘内容です。もちろんこれ以外にもありますが、そちらについては議事録をご参照くださいませ。

 月曜日からは総務文教委員会、そして、予算委員会が行われる予定です。

 今回の予算委員会は、市長の政策をたんまり入れている内容となっています。

 そして、議員の政策もたんまり提案できる絶好の機会となっています。

 私は「議会は行政のチェック機関」しか存在意義を果たしていないようでは、これからの地方自治の流れにおいて、通用しないと思っています。

 議会も、政策提案し、市民・職員共に一丸となって、マネジメントをしていかなければなりません。ですので、私は、チェックよりもマネジメントに重きを置いています。

 本気で政策や主張を実現していきたいのであれば、単なるチェックではなく、議員も一緒になって行動していくべきです。

 私たちは、無知な評論家でもなく、不安を煽るマスコミでもなく、自己満足なオンブズでもなく、議員なんです。議員は現実を変えるのが仕事です。

 そして、それが議員の責任だと自分自身に落とし込んでいます。

 もちろん、既得権益を守る抵抗勢力があります。そういった勢力については論理的かつ平和的に排除していかなければなりません。それも議員のお仕事です。

 いずれにしろ、選挙前より鍛えてきた政策提案をする機会がやってきます。

 サッカーに例えるなら、私はMFでありたいと思っています。

 前衛FW(職員)に意表を突いたパス(提案)をし、ときには、私もゴールを狙う(具体的な政策提案)。

 私にパスをくれるのは、市民であったり、他市の議員であったり、経営者であったり・・・今まで私の作ってきたネットワークを活かしています。

 そんなプレースタイルで臨みたいと思います。

 ウォーミングは終わりました。

 あとは、少しでも結果を残すようプレーするのみ。

 まだ乳歯は生えてませんが、今日で娘が生まれて100日目。

 100日目ちょうどで、お食い染めができるのも有難いですが、大過なくここまで無事に育ってくれて感謝です。

 単純な比較はできませんし、立場も理解し切れませんが、この時世に生まれた娘が育っていくことが、非常に有難く感じます。

 関西では歯固め石の代わりにタコを用いるそうな。ちなみに大人はタコのマリネ。酒の肴です。

 

 まだまだ離乳食への切り替えが難しいですが、ゆっくりと成長していくんでしょう。親子ともども。

 ■ ■ ■ ■ ■ ■

 明日から議会が始まります。

 選挙が終わって初めての定例会です。

 

 日曜日は、青空魚市のフリマでした。

 毎月の第一日曜日に開催され、私は搬入整理係として、参加しています。

 予想以上に多い出店、苦情対応、混雑していく導線など、パニックになりながらも他のボランティアスタッフと一緒に何とかこなしています。

 漁れたてのお魚と、清水町(現在、有田川町)の野菜など、低価でいいものが揃っています。

 そのためか、10年以上も続いていますが、いつも盛況。

 でも、スタッフが少ないです。

 ですので、募集中。

 日曜日の早朝に漁港で気持ちのいい汗を流してみませんか?

 お気軽にお問い合わせください。

■  ■ ■ ■ ■ ■

 昨日は、議会運営委員会でした。

 内容は、6月議会における運営についての協議でした。

 それについては、粛々と決まりました。

 

 ちなみに、私は委員ではないので、傍聴者です。

 議会運営委員会に諮問された案件がありました。

 

 今年は、姉妹都市提携を結んでいるロミタ市と30周年になるそうです。

 そこで、市長と議長と協会会長がロミタ市から招待を受けました。

 議会運営委員会は、議会を代表して議長に行ってもらおうと答申をしたのですが、議論が深まりました。

 「3・11の震災があったので自粛をするべきだ」という意見がありました。

 確かに、世間的にはこんな意見が多少流れているようにも感じます。

 ただ、私の考えは、「何を見据えて行動するのか」ということです。

 我々が自粛をすることで東北地方の被災者の精神的支柱に成り得るのだろうか。

 我々が自粛をすることで一日も早い復興・復旧ができるのだろうか。

 我々が自粛をすることで諸外国の我が国に対する原発による偏見は消えるのだろうか。

 

 我々がすべきことは、継続的な救援物資の搬送などの支援と自分のまちの防災力の向上です。この二点に全力を注ぎこむことこそが「被災しなかった私たちがしなければいけないこと」だと、私は思っています。

 ですから、3・11において、私が見据え、すべきことは、東北の一日も早い復興と、高石の防災力の飛躍に他なりません。それ以外の余計な心配や要らぬお節介は、安全圏にいる者の的を得ていない思考と行動だと自分に言い聞かせています。

 また、日本における偏見は一向に収まりません。

 

 アメリカの一般市民は日本人と握手をするとき、放射能を懸念して少し躊躇うそうです。

 日本国内の中国人労働者や観光客は一斉に帰国しました。

 関西空港は23%の旅行客の減少が起きています。

 それらは全て放射能による偏見です。

 

 先日、現内閣が愚の骨頂だと証明された国会議員たちは何の対策も打ちません。

 Under Servey(意味:現在、調査中)と誤ったスペルで、余計にアメリカに対して不安を募らせました。

 

 私は、こんな時だからこそロミタに行くべきだと思います

 何の生産性も生まない自粛よりも、少しでも偏見を解くというタスクの方がよっぽど国のため、東北のためになります。

 「きちんとした情報をアメリカに伝えて欲しい」と発言される委員さんもおられました。

 被災しなかった私たちがしなければいけないことを、少しでも被災者の立場を想像して、思考しなければなりません。

 何を見据えるか。

 それは、独善的な行いでも自己満足でも自分探しでもなく、一日も早い復興のために動くことです。

 日本の未来のために、想像し合い、支え合い、思考すべきことを思考し、行動すべきこと行動します。

 

地方自治法 第101条 第5項  

 招集は、開会の日前、都道府県及び市にあつては七日、町村にあつては三日までにこれを告示しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。  

  

 ということで、昨日招集されました。ちなみに天皇陛下が召集される場合は「召」を用い、それ以外は招集の「招」を用いるらしいです。だから、市長や議長が招集する場合は「招集」になります。

 招集されると議案も同時に発送されます。発送といっても、それぞれの住所に送付するのではなく、控室の机の上に置かれるわけです。

 今回は、改選後の初の定例会です。なので、議案のボリュームがあります。

 

 以下、主な内容をお伝えいたします。

■  ■ ■ ■ ■ ■

1.平成23年度の市長の施政方針演説

 1年間の市長のやりたい政策が説明されます。所信表明のようなもので、私たち議会は、これに対して各会派を代表し、代表質問を行います。国会でも総理大臣に対してやってますね、要はアレです。また、upします。

2.補正予算

 改選前は、市長が変わる可能性があるので、現職(当時)市長の政策は組み込まずに、最低限必要な予算を組むのです。これを骨格予算といいます。この骨格予算が前回の3月議会で可決されたので、この6月議会は肉付け(市長の政策)をされた補正予算が審議されます。

 

 あと、色々と指摘しなければいけない議案もありますが、大きな目玉議案としては、上の2案件だと思います。

 この2案件の内容に関しては、twwiterなどでリアルタイムで改めてお伝えいたします。

 選挙が終わったあとでの、議会です。阪口市長の掲げたマニフェストの実現に向けた4年間のスタートなので、かなり議論が深いものになるのでは、と思っています。

 開会は、6月9日からです。6月6日の議会運営委員会でこの6月議会の運び方が審議されます。

 夏は苦手です。

 「梅雨も上がり、一段と暑さが加わるころとなりました!」とかお天気キャスターに謂われるように、梅雨が明けると、夏がきます。当たり前のことです。

 夏になると、人一倍肌が黒く、人一倍汗を大量にかきます。

 だから、人一倍黒光りするようになります。

 ポスティングしていると驚かれることもあります。

 あの芸術的な色付けを魅せる秋や、凛とした美しさのある冬や、爽やかな春を迎えるには、この夏という業を耐えなければなりません。

 人間は愉しさのみを追求していると堕落するものです。

 夏の苦しさは、私にとって必要な「谷」なんでしょう。

 でも、

 夏は苦手です。

■ ■ ■ ■

 カメラ好きな友人が撮ったもので、あまりにいい出来栄えだったので、頂戴しました。

 

 工場萌えとかいうやつです。

 高石を知らない友人に話しても、「湾岸でアキラっぽいところやろ?」と謂われるほど、高石の工場は意外な有名ぶりを見せています。

 堺泉北コンビナートの今年のカレンダーは工場のパイプやらガスタンクやらに焦点をあてた写真を載せてました。

 ちなみに、日本でイチバン有名なのがココです。京浜工業地帯。

  「観光スポットは間近で見るフレアスタック!」

 ・・・高石では住民から苦情があがるフレアスタックを観光スポットとしてるところが、またすごい。

 実は、高石でも堺泉北コンビナートの夜景クルーズを考えてみました。

 しかし、高石の工業地帯は表(陸地)から見ると綺麗だが、裏(海側)は真っ暗で何も見えないというような状況らしいです。

■ ■ ■ ■

 高石は特色がないと謂われるので、こういう工場萌えとかでもブランドになったりするかなぁ、と試行錯誤してます。

 あっ、もちろん、こんなことに税は使いません。

 こんなことは高石市が税を費やしてやるべきことではなく、思いを共有したボランティアで時間と汗をかけて創意工夫でやらなければいけません。

 敢えて「こんなこと」と表現したのは、それだけ税は重いからです。

 今だけの税だけでなく、将来に対しても。

 税で投資して、失敗しました。なんて損害賠償モノですよ。そんな過去が多いけど。

 だから、民間のチカラだとか、スタッフの手間暇だとか、ブランドにかける思いだとかで、行動・実行していくことが、その事業を継続させるんです。

 とりあえず、工場萌えも視野に入れて、「高石ブランドの充実」、

 カタチにしようと取り組んでます。

 結びに、もう一枚。

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから