» 2015 » 5月

農業委員会

| 活動 | | コメントはまだありません

今年は農業委員会に選出されました。
世界的な食糧危機が予見されているなか、自給率の低い日本は危機意識が低過ぎます。
2050年までには60%の食糧生産を増やす必要があると発表されているにもかかわらず、「担い手不足」などの事情で農地がどんどん減っていっています。
一方で農地をどんどん宅地に転用して人口を増やしていこうという動きすら強まりつつあります。

高石市はどんな街づくりをするべきでしょうか?

人口減少を食い止めるべく取石地区などの農地を宅地に変えていくべきでしょうか?

それとも、担い手不足の解消、産直の整備などに力点を置いて、コンパクトな面積の高石市においても農地の保全をするべきでしょうか?

の続きを読む »

関若と南議連

| 活動 | | コメントはまだありません

10時から15時までは「関西若手議員の会」の総会資料送付作業を済ませ、その後は役員会。
御坊市から長岡京市など関西一円の議員さんが千代田公民館にお越しいただきました😅

関西若手議員の会は35歳までに初当選し、45歳までになれば卒業するといった若手議員による組織です。
勉強会や選挙応援はもちろんのこと、この組織の最大の特色はウイングが広いということ。
保守、革新、リベラルなど様々な政治哲学をもった関西一円の80名にもなる若手議員で組織されています。

の続きを読む »

特別区設置住民投票。
いわゆる大阪都構想に向かって進むかどうかの今回の住民投票ですが、
府下市町村の構成議員として今回の住民投票は決して対岸の問題ではなく、
できるだけ当事者として「大阪が元気になるための選択肢」を考えてきました。
投票権はありませんが。

よくよく比較されるのが東京都。

東京都はなんで元気なんでしょう?
一方でなんで地方は元気がなくなっていくんでしょう?

私はずっと前から「経済機能も政治機能も東京都に集約されるシステム」という考えを持っています。

の続きを読む »

皆さんに手に委ねられている都構想は大阪市だけの問題ではありません。

府下の市町村にまで影響を及ぼします。

投票権のない私たちの分まで、確りと考えて投票に行ってくださいね。

後になって「こんなハズじゃなかった」もナシにしましょう。

どの政党も恣意的な情報を流していますが、それを見抜くのも「投票」という武器を手にするためのリテラシーなのです。

の続きを読む »

朝は議員初会合。

そして、新たな会派を結成しました。

 

名前は高志会のままですが、

永山誠さんと二瓶貴博さんと松本善弘さんと私の4人会派でスタートします。

 

我々は同じ選挙区です。当たり前のことですが。

支援者が重複してることもありますし、一方で「畑中のことは嫌いなのに、なぜお前は同じ会派にいるんだ」と言われることもあるでしょう。

 

あらゆる角度から「会派が引き離される」ための圧力がかかります。

 

大切なのは信頼関係。

誰に何を言われても「仲間」と信じ、信頼し続けれるかどうか。

 

そんな関係を目指して、会派の運営にも心血をそそぎます。

DSC_1344

昼からは関西若手議員の会、総会。研修では関西大学の草郷教授の講演。

さいきん勉強している「新たな経済システム」に役立つような考え方を学んでます。

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから