» 2017 » 2月

3月議会がもう間もなく始まります。

新年度の当初予算が審議される1年でもっともヘビーな定例会となります。
そして私は、そんなヘビーな予算審議の委員長を仰せつかっています。

予算についての質問は控えざるを得ない立場にありますが、議員の質問で行政が答弁に窮したときに、調整に入らねばなりません。
そのときに、質問の内容を熟知できていないなければ、オハナシになりません。
質問に対する回答に困ってる場面で「あの議員さんの質問の趣旨が分からないけど、なんとかして」では、あまりに残念。

なので、予算書を熟読する日々です。

の続きを読む »

RESASの勉強会

| 活動 | | コメントはまだありません

文明が発達して、思考が多様であればあるほど、エビデンス(証拠や根拠)というのが高い価値をもつようになります。
千差万別の考え方を押し並べるのに、エビデンスは非常に有効だからです。
でも、言語化されない感情や現代の技術では証明できないものがあるため、エビデンス至上主義では解き明かせない問題が多数あることを踏まえておかねばなりません。

前置きが長くなりましたが、それでも公に携わる者はエビデンスが大切です。
今回はそれを導き出すための分析ツール「RESAS」の勉強会。
(よく分からない人は→ http://www.kantei.go.jp/…/informat…/index_manga_booklet.html )

今までも一般質問の論拠建てに利用していたのですが、なにぶん我流だったので、とてもじゃありませんが使いこなせてませんでした。
せっかくスマホを買ったのに、通話とネットの機能しか使ってないぐらいに。

16487227_1271155592953284_5706429035209361342_o

倣うより慣れろ。
遊びながら身につけていきたいと思います。
でも、クドイようですがエビデンスは万能じゃありません。
主張する根拠には、自信と謙虚の双方が共生しなければなりません。

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから