» 2018 » 12月

今年も大晦日までポスティングしました。

大掃除のさなか、お邪魔しました。

平成30年を振り返ると、今までにない激動の1年でした。

議長として新年の公務に出席させていただき、

26239631_1601165683285605_5528494705829966807_n の続きを読む »

ミライへの挑戦_2_ヘッダー

「こんな考えがあるけど、なにか議員には伝えにくい」という距離を縮めるために、
切手不要のハガキをご用意しました。
そこで書いてもらった意見を指摘や提案への参考にさせていただきます。

また、それについて「畑中の話を聞いてみたい」も是非。
1人1人と意見交換させていただきます。

もちろん、「意見があるんだけど、スマホで済ませたい」という方のために、
Googleフォームもご用意しました。
下記のリンクよりご記入ください。

の続きを読む »

台風21号の停電被害を受けて、自家発電機を3機購入(150万円/1機)するそうです。
補助金がないから一般財源での購入になりますが、それでも購入に踏み切った判断は評価できるものです。

仕様は可搬式で1機は取石の消防倉庫、2機は市役所に保管し、災害発生し停電したら運搬するようです。

さて、当然気になるのは「なぜ常設じゃないのか?」という疑問点ですが、仮に福祉避難所であるパンセやデージードームに常設してしまうと、そのほかの施設に運べなくなります。
また、常設は設置費用などのコストが高く、個人的試算でも桁が違ってくると思われます。

しかし、汎用性の高い可搬式は、停電している施設まで運搬しなければなりません。

そのオペレーションがどこまで想定されているのかを確認すると、土木部所有のユニック車で停電施設まで運搬し、分電盤へ接続するとのことでした。

災害が発生し、樹木等が倒壊していると、土木部の優先されるべきミッションは道路の啓開作業です。
台風21号のさいも、深夜まで啓開作業に従事されていました。

災害時に忙殺されるであろう土木部が、ユニック車で自家発電機を運搬できるとは思えません。

かといって、災害対策を統括している総務部(危機管理課)も運搬オペを担当するべきではありません。

運搬オペの担当がまだ決まっていないということなので、提案しているBCP(防災タイムライン)のなかに盛り込んで、マニュアル化するように指摘しました。

「モノはあるけど、使えない」なんて間抜けなことがないように予算委で申し上げました。

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから