» 活動

9/14~9/20まで決算委員会でした。
決算委員長である私は、実質3.5日間という限られた日にちのなかで、15名の議員に審査してもらわなければなりません。
昨年は4.5日間だったので、台風21号の影響もあり、今年はタイトな日程です。
 
同時に、職員は台風21号の復旧にあたっているわけですから、彼らを拘束し過ぎることは市民生活にも支障がでてしまいます。
 
限られた日程のなかで終わらせないといけないけど、各議員にはキチンと決算をチェックしてもらうという、互いに引っ張り合うような2つの使命があるわけです。
 
中盤あたりまではスムーズに運営できていたのですが、昨日あたりから行政の答弁調整で時間を要してしまい、スローダウン。
 
与えられた日程は本日までだったのですが、午前中の質疑で答弁に窮してしまい、ストップしました。
 
残された時間は数時間で、これ以上続けても「焦らせてしまう決算審査」になってしまうという判断から、審査を閉会後に持ち越して、もう少し余裕のある時間で審査してもらうよう「閉会中の継続審査」を求めました。
 
すべての議員からも賛同をいただき、議長にその旨を申し出ました。
よって、決算審査は9月議会の閉会後におこなわれる予定です。
 
会期中に審査していて、時間が少ないから閉会中の継続審査へと進んだのは、おそらく初めてのことです。
 
市民からすれば当然のことですが、議会全体が「行政の使ったお金をちゃんとチェックしよう」という意識の顕れであると私は思っています。
本来なら、9月7日から始まっていた9月議会。
復旧作業にあたっている職員にたいし、議会対応という更なる負担をかけさせないために、開会後すぐに休会としました。
以後、復旧の状況をみながら判断すると決まっていました。
 
議会としては、3.11以降に策定をした災害対策会議を初めて設置。
担当職員にダイレクトに情報を伝達すると、現場はかえって混乱してしまうので、それを避けるために、議長に情報を一旦集約し、現場に伝達という仕組みが初めて実戦されました。
また、議員間で試行的にLINEグループを作り、情報共有をはかりました。
 
初めての試みばかりで、課題は感じられるものの、評価できる運用だったと思います。
 
以上のように、議会も議会日程を変更したり、自由に機能できる議員活動を担保させた「現場の復旧」を第一義としてきました。
 
これまでの議会の対応に共感・・・どころか、復旧を最優先に置いた取り組みに、そして、議会全体が災害対応でひとつになれたことに意義深く感じます。
 
そして、本日、災害の応急対策はおおむね完了し、災害対策本部から災害警戒本部に変更し、今後の復旧作業にあたるとのことです。
また、災害に関する総合窓口(265-1001)が設置されました。
 
災害ゴミなどの回収の遅速が気にかかるところです。
また、浜寺公園や体力作り広場など復旧もまだ時間がかかります。
 
議会日程と並行しながらの復旧対応なので、忙しくなりそうですが、市民の平常を取り戻すまでは、「被災した」状態であると私は思っています。
 
今後も適宜、対応してまいりますので、様々なお気づきをいただければと思います。
遅ればせながら、高石市議会もインターネット配信することに伴い、それにあわせて様々な条件整備が協議されています。
 
高志会としては、以前より主張してきた「余裕のある会期の設定」と「事前に審議予定の議案を市民に周知できる設定」を、ネット配信を機に検討して欲しいと提案しました。
 
公立幼稚園の統廃合時でも傍聴に来られた保護者から意見があったように、「いつ」「なにが」審議されているのか分かりにくい状況があるせいで、関心のない議案を延々と聞かなきゃならない・・・という問題があるわけです。
 
常日頃から議会への関心を寄せて欲しいと思いますが、忙しい方もいらっしゃいます。
だから、「いま、周囲に起こっている問題」を見たいときに、それを便利に把握できるようにしておくことが見える化の一歩に繋がります。
 
慎重派はよく、「アクセス数が少ない」とか「傍聴者が少ない」とかを理由に環境改善をブレーキしたりするらしいですが、上記の理由から、「議会への関心が慢性的に低い」ことと「傍聴者がストレスを感じずに傍聴できる環境整備」は全くの別問題だととらえています。
 
8481193361032

【お詫び】
「ミライへの挑戦」の創刊号を配布していますが、先々週の豪雨や被災地へのボランティア活動や、市内の公務、対外的な活動などにより、予定の進捗よりも大幅に遅れています。

機関紙に案内している「足育講座」開催日である7月29日までには、市内全戸に配りきる目標でしたが、雲行きが怪しくなってまいりました。

日々、熱中症への対策を講じながらお配りしていますが、ペースの如何によっては、上記の期間までにお届けできない場合が発生してしまいます。

目測が甘かったと反省しています。
申し訳ございません。

もちろん、諦めずに全戸配布できるよう努めますが、万が一のことを想定し、予めお詫び申し上げます。

IMG_2509

本日(7/5付け)で高陽小、東羽衣小、中央プールの水質調査の結果が報告されました。

高陽小東羽衣小中央プール

 

いずれも異常はないとのことですが、水銀や鉛などの学校環境衛生基準に規定がないものまで調査されていました。

の続きを読む »

大阪北部地震による既存不適格のブロック塀倒壊事件を受けて、高石市は地震発生後の翌日から市内公共施設のブロック塀調査作業を進めています。
個人的なことをいえば、長女と同世代の児童が犠牲になってしまったことに、胸が締め付けられるような気持ちでいっぱいです。
課せられたミッションは、議会閉会中とはいえ、今まで培ったネットワークによる知見を行政に伝達し、地域で同じような事故を未然に防ぐことに他なりません。

ようやく本日、作業完了の報告が届きました。

8181718544972

の続きを読む »

本日、6月議会に向けての議会運営委員会でした。

議長という立場上、質問を控えていた1年間でしたので、本会議場での一般質問が楽しみです。

午前中に通告を出してきましたが、「未来への挑戦」というスローガンどおり数多の質問項目から「これからの人口減少社会にむけて打つべき一手」を背景に抽出したつもりです。

  • 健幸政策について
    現在の健幸政策の効果検証はできているのか?
    PDCAからOODAへ
  • 公園遊具について
    老朽遊具の更新進捗について

私の一般質問は6月13日か14日ごろになりそうです。

お時間のある方は傍聴にお越しくださいませ。

8063492492322

遅くなりましたが、去る5月25日の臨時議会において、市議会議長を退任し、古賀秀敏議員に議長職を託しました。

議会を代表する立場という意味合いもあり、公務による拘束時間が想像以上に多く、自分自身の自由な議員活動を制限しなければ務めきれない1年間でした。

とはいえ、やってみなければ分からないことも多く、今となっては大変勉強になった1年間でした。

これからはいち議員として、3期目の最終年に向かって頑張りたいと思います。

とりあえずは、「議長の時に質問できなかったあれやこれや」を整理し、議会での審議に臨みます。

今朝、見守り隊で保護者さまからいただいたご意見を改めて精査。

それは「学区内に公園少ないから困ってる」とのこと。

多くの自治体がそうだと思いますが、高石市も「学区外の公園には子供同士で遊びに行ってはならない」という指導をおこなっています。

しかし、学区によって公園の数はバラバラ。

高石小・・・2、羽衣小・・・15、高陽小・・・9、取石小・・・8
東羽衣小・・・10、清高小・・・8、加茂小・・・11
(↑先の議会で二瓶議員の質問への答弁から)

このように高石小は極端に少ないわけですが、上記の「子供同士で学区外行ったらアカン」の指導があるせいで、遊び場に困っている元気いっぱいな子供たちがいます。

しかも、高石小の放課後は1、2年生は自由に遊べません
参照⇒https://goo.gl/FZ4cp6

高石小のことだけを例に挙げていますが、この「学区外アカン」指導は「児童の安全を図る」という点で欠かせない観点ではあります。
なので、学区外オールフリーは急進的な考えとも思います

しかし、この指導を硬直的に運用してしまっているので、高陽小の子供たちはアプラの図書館にも行けないし、加茂小は浜寺公園にも行けません。
それどころか、校区に隣接している公園で遊ぶことも難しいです。(※硬直的な指導が行き届いているせいで、他校の子供に注意されるらしい。)

安全管理が目的であれば、図書館や大型公園にもICタグをつけるとか、弾力的に遊ぶことのできる施設を認めるとかの運用が可能かと考えます。拙案ですが。

子供たちの遊ぶ力が社会人の基礎力にとって必要であると考えているので、改めて進めていかないといけない課題だと認識させられました。

※中学校については、制限なしだったので、修正しました🙇
失礼しました。

昨日、市長宛に高志会の予算要望書を提出しました。

今回のは8月に開催した市民力ワークショップでの意見を要望書に盛り込み、かつ、いただいたご意見もまとめて別添にて提出しました。

26238846_1604030196332487_4532980700698465540_n

 

市長には「良い政策は応援するし、ならぬものは否定します」と是々非々を貫くスタンスを示し、それでも市の発展に向けて努力し合おうと確認をしました。

の続きを読む »

1 / 2312345...1020...最後 »

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから