» 活動

マネージャーかプレイヤーか。
「びじねすすきる」とかのブログで、このテの話題をよく見かけます。

でも「やらなあかん事」が増えてくれば、当然、卓越したマネジメントで優秀なプレイヤーに役割をどんどん投げていかねば目的の達成なんて不可能です。

特にマネジメントする人物は「思考する時間」が大事なので(最近は「瞑想」レベルまで必要と思ふ)実務に振り回されていてはいけないのである、うむ。

私は思いっきり振り回されているのである、むう。

の続きを読む »

今年初ポスティング。
西取石です。

Screenshot_20160105-140939~2

今回から高志会でエリア分担することに。
1人で全地域配るよりも手分けして投函することの効率性を重視しました。
今まで費やしていた時間の半分ほどで制圧できそうです。

の続きを読む »

昨年は選挙が終わり、高志会という新たな枠組みでのスタートを迎える1年でした。

議員の役目をまっとうするために、従来のような「個」の取り組みではなく、組織として機能できるよう心血を注ぎました。

4月以降はあっという間に新年を迎えましたが、各地域における報告会や若者を巻き込んだ政治イベントの開催、予算要望書の作成など、
だいぶと内容の濃い活動を続けてこれました。

本日の仕事始めは、上述の予算要望書についての「ぶっちゃけ」られた議論を早速させていただくことに。

の続きを読む »

兵庫県は日本海の香美町まで。
現地の橘町議にホストをお願いし、
介護保険総合事業の先行事例を学びに行ってきました。

の続きを読む »

高志会の市政報告2日目。
本日は九区の自治会館をお借りしました。

前期までは、議会の内容そのままを報告させていただいていたのですが、それでは「どちらかというとあまり関心の低い内容」までキチンと報告せねばならないので、ちょっと退屈な会になってしまうときも。

今回からは、「報告しておかなくてはならない内容」は資料にて。
そして、「自分が報告したい内容」を口頭で気持ちを込めてお伝えするという仕様に切り替えました。

すると、従前よりも質問も多く、議論も盛り上がるようになりました。

議論が盛り上がると「市民のすっぴんの思い」を聞けるので、非常に有難いですし、それを会派で共有できるのがとても有意義だったりします。

下記のテーマで報告をおこなっています。
次は8月30日(日)の10時00分~とろしプラザで行います。そして、今回の報告会はここで最後となります。
どうぞ、お気軽にお越しくださいませm(__)m

☆☆高志会市政報告テーマ☆☆

永山誠(司会進行)

二瓶貴博「Wi-Fiについて」

松本善弘「教科書採択、図書館民営化、土曜授業について」

畑中政昭「高石市議会と議会改革について」

質疑応答 など

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月4日の木曜日に「6月議会における議案」が発送されました。
あの選挙から初の議会です。

4月に市長選が行われる場合は市長が変わる可能性もありますので、
市長の政策は盛り込まれない基礎的な歳出のみを計上した「骨格予算」が3月議会に上程され、
選挙が終わってから市長の政策が盛り込まれた「肉付け予算」が6月議会に補正予算として上程されます。
なので、今回の補正予算は、補正といえども実質は当初予算を審議するほどのボリュームになるわけです。

私自身も選挙中温めてきた政策提案や問題提起など思う存分、発言させていただくつもりです。

6月議会においては以下のような議案(抜粋)が上程される予定ですので、現場のご意見があれば是非教えてください。

の続きを読む »

農業委員会

| 活動 | | コメントはまだありません

今年は農業委員会に選出されました。
世界的な食糧危機が予見されているなか、自給率の低い日本は危機意識が低過ぎます。
2050年までには60%の食糧生産を増やす必要があると発表されているにもかかわらず、「担い手不足」などの事情で農地がどんどん減っていっています。
一方で農地をどんどん宅地に転用して人口を増やしていこうという動きすら強まりつつあります。

高石市はどんな街づくりをするべきでしょうか?

人口減少を食い止めるべく取石地区などの農地を宅地に変えていくべきでしょうか?

それとも、担い手不足の解消、産直の整備などに力点を置いて、コンパクトな面積の高石市においても農地の保全をするべきでしょうか?

の続きを読む »

関若と南議連

| 活動 | | コメントはまだありません

10時から15時までは「関西若手議員の会」の総会資料送付作業を済ませ、その後は役員会。
御坊市から長岡京市など関西一円の議員さんが千代田公民館にお越しいただきました😅

関西若手議員の会は35歳までに初当選し、45歳までになれば卒業するといった若手議員による組織です。
勉強会や選挙応援はもちろんのこと、この組織の最大の特色はウイングが広いということ。
保守、革新、リベラルなど様々な政治哲学をもった関西一円の80名にもなる若手議員で組織されています。

の続きを読む »

皆さんに手に委ねられている都構想は大阪市だけの問題ではありません。

府下の市町村にまで影響を及ぼします。

投票権のない私たちの分まで、確りと考えて投票に行ってくださいね。

後になって「こんなハズじゃなかった」もナシにしましょう。

どの政党も恣意的な情報を流していますが、それを見抜くのも「投票」という武器を手にするためのリテラシーなのです。

の続きを読む »

最終日。

| 活動 | | コメントはまだありません

最終日。

今日の「書くべきこと」は多過ぎて、とても1つにまとめれそうにありません。
林先生が来てくれたこと、ラストの演説までスタッフと一緒にいれたこと、胸を張って選挙活動をし続けたこと、妻と子供の前で初めて演説できたこと・・・など。

本当にこの1週間はお騒がせをしました。
1人でも多くの人に「あるべき選挙の姿」を伝えたくて、100か所以上で演説をしました。
一件の苦情もないどころか、
未成年の若者から「自分が選挙に行くまでにまちのことを勉強しときます」と言われたり、
お年寄りの方から「あなたの活躍をもっと見届けたい」と言われたり、
たくさんのお声で歩みを止めることなく、自分の掲げる「あるべき選挙の姿」で闘い続けることができました。

今回は、一言でいうと「効率の悪い選挙」

の続きを読む »

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから