たまにGoogleのロゴが変わります。

 

その日の由来に起因してるみたいです。最近は、海の日だったり、アルゼンチン独立記念日だったり、それにちなんで、ロゴも変わるそうです。

 

例えば昔ので・・・

一瞬、ベヘリット?と思いましたが、どうやら違うよう。

コンスタンチンブランクーシとかいう人の生誕だったそうです。

 

Googleのアクセス数がfacebookに抜かれたことなどで、巻き返しを図るために頑張っているんかなぁ、とか邪推しつつ・・・Googleをスタートページに指定している私にとっては、毎日のロゴの変化が面白く、その意味も調べて、雑学を積んでいるわけです。

 

 今日のは、こんな感じ。

  

 ・・・もはや、「Google」じゃない。

 どれがG?どれがEなんだろう(笑)

 初めて来た人が、「どこのサイト?」と驚かないのだろうか。

 

 さて、このロゴはアレクサンダーカルダーとかいう人で現代美術家だそうです。

 そして、私はモダンアートやら現代美術やらの価値を、全く理解できない人間なんです。

ここからが本題。

 私の友人が言ってました。「板に釘さしてスポットライト当てたものを、私の芸術だと言われても全く感動しない。なぜなら努力の陰が見えないから。」

 なるほど、と思いました。

 

 もちろん、現代美術が努力なしで成立しているとは思っていません。インスピレーションやらオリジナリティやら、私のような凡夫には理解できない苦労の末の傑作なんでしょう、一つ一つが。

 

 ただ、私が「美しさ」や「感動」を見出すのは、努力の跡やら、血と汗の結晶みたいなものが垣間見えるモノなんです。

 映画ならストーリー展開、カメラアングル、音響。小説なら文才、シーン描写、伏線。それぞれの感動があるのですが、その前提に「努力のあと」が感じれるかどうかなんです。

 

 そして、それは議員や市民、行政職員などを見るときの指標にもなっています。

 

 この世界にいるとよく経験するのが「私は素晴らしい活動をしています!」「私の主張は素晴らしいんです!」「だから、貴方も賛同してください!私たちの活動に!」というやり取りです。

 

 もちろん、私がその活動に対し「素晴らしい」と、自分の時間を割いて責任をもって賛同すべきだと判断したら、全力をもって、その何かしらの活動やら主張の旗の下、共に闘います。

 

 ただし、それを判断する前に、「その人が汗をかいているかどうか」が、私にとって非常に重要なポイントなんです。

 

 口は立つけど、身体は動かない人ってよくいるように、そんな人と共に行動をしたら、いくら活動や主張が美しく、絶対的なものであったとしても、実現することなく幻となってしまいます。それなら、やらない方がマシ。

 

 一緒に汗をかける人かどうか。これを見極めることこそが「いい仕事」に繋がります。

 

 いま、ひとつ、その「いい仕事」が実現しそうです。

 

 そんな時、一緒に汗をかける仲間の存在に嬉しくなるのです。

 「ああ、またやろう。」と思えるのです。

コメント & トラックバック

Google日本語入力アップデート、マルウェアに感染していると思われるユーザーに通知、Google lab閉鎖―【私の論評】すべての企業は、今日の姿ではこれからの30年ではなく、5年を生き延びられない!?

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。Googleがまた、新機軸を打ち出しています。昨日は、マイコミジャーナルに3つもの記事が掲載されていました。なせこのようにあらたなことを矢継ぎ早に実施するかといえば、特にIT分野において、今日リーダーの地位にある組織の多くが、これからの5年を生き延びられず、少なくとも今日の姿では生き延びられないということです。IT企業は、5年間、自らを変えて行くために、行動をしなければ明日はありません。しかし、IT企業以外でも、自らを変えるために何かを考えなければなりません、5年間も何も考えなければ明日はなくなることでしょう。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

有難うございます。
拝見いたしました。
変化し続けることこそ組織の進化です。矢継ぎ早に変化する時代に対応するための政府であって欲しいですね。

コメントする

*

フェイスブック

最近のコメント

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから