春彼岸なので、朝からは家族でご先祖さまにご挨拶。
ジッチャンは職人気質で怖かったけど、どうやら初孫の私をとても可愛がってくれてたよう。そういえば西友のゲームセンターに2人で行った思い出が朧気にあります。
なので、見ることのできなかった曾孫が挨拶にきたら「ジッチャン喜んでるんかな~」とか勝手に想像してます。
忙しさにかまけてしまう私に対して「彼岸やからちゃんとお墓に行こう」と自発的にリマインドしてくれる妻にも感謝。ご縁には恵まれてることを感じさせられます。

その後は、松南志塾でTOCの勉強会。

続きを読む »

先日の一般質問において、再三再四、その必要性を訴えてきた千代田1、2丁目の調整校区の設定を含めた
「校区の変更を進める内容」における市教委の答弁が「慎重な調査研究」から「慎重な検討」へと前向きになりました。

「なにが違うんだ」と思われるかも知れませんが、本市の行政答弁において「調査研究」と「検討」はかなり違います。
とはいえ、一朝一夕では実現し得ません。今後の動向にアンテナを敏感にしなければです。

続きを読む »

これからの行政は「多様な目的をもった多彩な人材との共創」が必要となってきます。
決して「上から目線でやって欲しいこと」を市民ボランティアという名目で押し付けてはいけません。
そのなかでも求められるスキルが「ファシリテーション能力」です。

ファシリテーション能力とは?
以下、Wikipediaから抜粋。
ファシリテーションは、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。

何度か経験させてもらったことがありますが、大切なのは「仕切らない、相手を否定しない、先に結論を言わない」を守り、多様な参加者の合意形成を優しく支援することを念頭に置きながら取り組んでいます。

続きを読む »

3月議会がもう間もなく始まります。

新年度の当初予算が審議される1年でもっともヘビーな定例会となります。
そして私は、そんなヘビーな予算審議の委員長を仰せつかっています。

予算についての質問は控えざるを得ない立場にありますが、議員の質問で行政が答弁に窮したときに、調整に入らねばなりません。
そのときに、質問の内容を熟知できていないなければ、オハナシになりません。
質問に対する回答に困ってる場面で「あの議員さんの質問の趣旨が分からないけど、なんとかして」では、あまりに残念。

なので、予算書を熟読する日々です。

続きを読む »

RESASの勉強会

| 活動 | | コメントはまだありません

文明が発達して、思考が多様であればあるほど、エビデンス(証拠や根拠)というのが高い価値をもつようになります。
千差万別の考え方を押し並べるのに、エビデンスは非常に有効だからです。
でも、言語化されない感情や現代の技術では証明できないものがあるため、エビデンス至上主義では解き明かせない問題が多数あることを踏まえておかねばなりません。

前置きが長くなりましたが、それでも公に携わる者はエビデンスが大切です。
今回はそれを導き出すための分析ツール「RESAS」の勉強会。
(よく分からない人は→ http://www.kantei.go.jp/…/informat…/index_manga_booklet.html )

今までも一般質問の論拠建てに利用していたのですが、なにぶん我流だったので、とてもじゃありませんが使いこなせてませんでした。
せっかくスマホを買ったのに、通話とネットの機能しか使ってないぐらいに。

16487227_1271155592953284_5706429035209361342_o

倣うより慣れろ。
遊びながら身につけていきたいと思います。
でも、クドイようですがエビデンスは万能じゃありません。
主張する根拠には、自信と謙虚の双方が共生しなければなりません。

今年も提出しました。
平成29年度の予算要望書。

本会議や委員会での発言のみでは、私たちの指摘や要望の全てをまかないきれません。
なので、政策的な考えを明文化し、要望書へと綴り、市長に提出しています。

続きを読む »

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

「都市化が進めば、みどりが減る」そんな話はずいぶん昔のこと。
いまは限られた都市環境のなかで、いかに緑を増やしていくかが求められる時代。
シンガポールの観光を支えた緑化政策などをみれば、
都市開発と環境保全を共生していく必要性は国際的な流れに乗っています。
選ばれるまちに成るためには、大局に立たなければなりません。

続きを読む »

高志会だけでなく、他の議員も主張してきた「旧図書館、市民会館跡地」がようやく有効活用にむけて一歩動き出します。

以前より留意するよう訴えてきたのが、行政職員が企画するのではなく、市民を巻き込み、民間のノウハウを企画段階から取り入れる公募型プロポーザルを志向すること。

市民アイデアは2月10日までとのことです。
タイトな期間ですが、どんどんアイデアを寄せてください。
有識者っぽくない多様な意見こそ必要です。
アクセスは以下のリンクか、「高石市 旧市民会館」で検索してください。
http://www.city.takaishi.lg.jp/kakuka/seisakusuishin/sogoseisaku_ka/yumeteian.html

新聞記事
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/news/122700131/

 

謹賀新年

皆様におかれましては爽やかな新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

我が家では、長女が珍しく発熱してしまい、年末から寝込んでいました。
なので、初詣を少しだけ延期させてもらい、ご先祖様と実家に感謝と誓いを申し上げてきました。

英国のEU脱退、民族移動を思わせる欧州難民問題、内向的な政治を選んだアメリカ大統領選挙。
社会の大きな変化に伴う混乱はますます大きくなることを予見させられるような1年でした。
地方政治でも同様に、安定型の政治は長くは続きません。
混乱ともいえる流れを鋭敏に察知し、今までの固定観念を取り払い、次なる一手を打ち続けねばなりません。

バッジをつけている私たち政治家は、その席に安穏と座っていては時代に選ばれなくなるという、今よりもっと厳しい時代が訪れると肚を括りなおす必要があります。
なによりスピード感が尋常ではありません。

しかし、好機というのは厳しい局面において見出せるもの。
淀んで見えなかったものが搔き混ぜられて可視化されるように、見えてこなかったチャンスを活かせる機会でもあります。

私は、この文明が大きく交代しようとしている時代のなかで、世界から必要とされる泉州・高石市を目指します。

そのために、研鑽と実践を積み重ねる日々を送る必要があります。
幸いにも今年は年男。
行動力と覚悟をいっそう研ぎ澄まし、選ばれる人物として素養を磨きます。

なかなか休みがない師走。
そろそろ身体に影響が出そうなので、メンテナンスしてあげねば、です。
この「疲れが溜まってるハズなのに兆しがない状態」に恐怖をおぼえる…

さて、本日は墓地議会。
高石斎場の区画調査が進んでいます。

利用者不明の墓地が約4000墓あるのにたいし、返事が返ってきた(利用者が明らかになった)のが1800墓。約40%の進捗率。半年でこの数字は評価できます。
市民の協力、職員の努力への感謝を議場で申し上げ、2つの懸案事項を申し上げました。

ひとつは、管理者が特定できたデータを適正に管理し続けること。
いっぽうの浜墓地は管理料を徴収し続けているので、自動的に「お墓を利用している人」が分かります。
高石斎場は管理料を徴収していないので、そのままにしておけば、せっかく集まった管理者情報が更新されなくなり、今回の調査が無意味なものになってしまいます。
そうならぬよう適正に管理し続ける手法を提案しました。

もうひとつは、放置墓地。
利用者がいるかいないかが分からない放置されている墓地がいくつか散見されます。
本来なら使用者不明のまま、7年が経過すると使用権が消滅し、改葬されることになります。
このまま調査を進めれば、必ず使用者不明の墓地があらわれます。
ルールに照らせば、その墓地は7年以上はそのままにしないと対処できないことから、7年をカウントする起算日を早めに設定するように指摘しました。

前回のブログ→ http://hatanakamasaaki.net/news/?p=2393

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから