ワークショップ市民力

私たちが毎年提出している政策提案書を一緒に作ってみませんか?
「市民の声」をカタチにするためには「政策」にしなければなりません。
「政策」を創るためのプロセスを一緒に考えましょう。

続きを読む »

九州や中国地方の一部をおそっている集中豪雨により、地域住民の生命と財産が失われています。
政府も激甚災害の指定に前向きな姿勢を示しているほどのレベルで、自然災害の厳しさを改めて認識させられる現実です。
※13:52時点で51万人避難指示・勧告

奇しくも、本日は高石市で水防訓練。

IMG_20170706_094136

高石市水防団員、堺市消防局高石消防署、高石市消防団により200個の土嚢が積まれ、河川の溢水を防ぐ訓練がおこなわれました。

IMG_20170706_102118

続きを読む »

私は市議会を代表して色々な会議や講演に出席させてもらいます。
役得ですよね。

たとえば、先月参加した「市内に石油を貯蔵している市町村による協議会(正式名称は、全国石油備蓄基地市町村連絡協議会)」では、災害時のライフラインである石油の搬送を東日本大震災と熊本地震のケーススタディがまとめられているレジメがありました。
高石市にとっても関心の高いテーマですし、じっさいに他の議員さんから「資料欲しい」というお声もありました。

続きを読む »

大阪府内の42市町村(大阪市を除く)で水道の広域化が進められています。

何を広域化するのかというと、ご家庭までにお届けする水道のことです。
※今は市町村が経営しています。

・人口減や節水による水の売り上げの減少
・老朽管の更新が必要(大阪は全国ワースト1)
・ベテラン職員の大量退職

などの理由から、スケールメリットを活かして、水道事業を統合しようというのが背景にあります。

続きを読む »

6月16日(金)に6月議会(第2回定例会)が閉会しました。

なんと、約10年ぶりに会期延長をうちました。
(会期は6月15日までだったので、1日延長)

「会期内に議案審議を終結させる」という議長の使命があるにもかかわらず、会期を延長させ、議員各位を拘束させてしまったことは、いかなる原因があろうとも議長として「良くない」ことだと受け止めています。

続きを読む »

明日から6月議会がはじまります。
会期は6月8日(木)~15日(木)の8日間。

主な案件は以下のとおりです。

  • 補正予算
    ✓コミュニティ助成事業補助金・・・自治会向けの補助金
    ✓子育てワンストップサービス・・・システムの変更
    ✓我が事・丸ごとの地域づくり・・・介護や子育てなどの相談スペースの開設
    ✓福祉バス・・・1便増やし、3便体制での運行へ
    ✓労働政策費・・・マザーズハローワークの実施
    ✓自動車購入費・・・救急車の購入
  • 農業委員会委員の任命
  • 委託契約の締結
    羽衣ポンプ場の電気設備工事委託

などが挙げられています。

続きを読む »

報告が遅くなり申し訳ございません。

5月22日をもって、第49代の議長に就任することとなりました。
副議長には明石議員が就任いたしました。
あらためて、宜しくお願い致します。

就任直後に東京への出張や各種団体の総会への出席など多忙を極める毎日ですが、
市民の方からすれば「議長って何してるの?ただの名誉職?」と思われてるかもしれません。

なので、なるべく当ブログでも議長の公務を綴っていきたいと思います。

今日までの公務ですが、

続きを読む »

名称未設定-2

平成27年の選挙が終わってから、当選した者が与えられた時間はたった1461日。
そして、これを書いている今が728日目、だいたい半分。
あと半分を迎えると、また次の選挙がおこなわれます。

この4年間は瞬く間に過ぎ去ります。
あっという間に過ぎ去った4年を2度も経験しているので、時間を大切にしようと思わされるのは必然です。
政治家にとって報酬も時間も納税者からいただいたものです。
そして、この二つをいただいた以上にお返ししなければ私たちの仕事は成り立ちません。

続きを読む »

春彼岸なので、朝からは家族でご先祖さまにご挨拶。
ジッチャンは職人気質で怖かったけど、どうやら初孫の私をとても可愛がってくれてたよう。そういえば西友のゲームセンターに2人で行った思い出が朧気にあります。
なので、見ることのできなかった曾孫が挨拶にきたら「ジッチャン喜んでるんかな~」とか勝手に想像してます。
忙しさにかまけてしまう私に対して「彼岸やからちゃんとお墓に行こう」と自発的にリマインドしてくれる妻にも感謝。ご縁には恵まれてることを感じさせられます。

その後は、松南志塾でTOCの勉強会。

続きを読む »

先日の一般質問において、再三再四、その必要性を訴えてきた千代田1、2丁目の調整校区の設定を含めた
「校区の変更を進める内容」における市教委の答弁が「慎重な調査研究」から「慎重な検討」へと前向きになりました。

「なにが違うんだ」と思われるかも知れませんが、本市の行政答弁において「調査研究」と「検討」はかなり違います。
とはいえ、一朝一夕では実現し得ません。今後の動向にアンテナを敏感にしなければです。

続きを読む »

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから