12月議会の一般質問では公民較差を埋めるために「一般行政職と技能労務職の俸給表の分離」を提案し、この議会では「国家公務員の俸給表に準じた給料表の導入(=わたりの廃止)」「現給保障の段階的解消」「退職手当の引き下げ」などの議案が提案されており、公務員に支払われる給与等が段々と削られていくという時流にあります。

 

私は「公民較差の縮小」「公平性」という観点で公務員の給与を考えるので、上記に挙げた点は全て賛成で、まだまだ公務員が既得権益を死守しているという実態も否めません。

 

ただ、しかし、「公務員=税金泥棒」「公務員は暇人」という決め付けも好きではありません。皆さんの会社を振り返ってみても、優秀な人もいれば使えない人もいますよね。やる気のない人も意識の高い人もいます。そういうのひっくるめて「組織」ではないでしょうか。

 

だから、市民の皆さんが真面目な職員も不真面目な職員も十把一絡げで公務員叩きをすると、真面目な職員だって人間なのでモチベーションを下げてしまいます。となれば、私たちの税金が勿体ないじゃないですか。悪事は止めさせなければならないし、働いていない職員は働かさなければならない、その為に、私は上記のような提案をしているからであって、根拠のない批判は、結局は私たちへの行政サービス低下に繋がるから止めた方がいいと思います。

 

そしてこれは私たち議員にも言えることです。公務員叩きは市民ウケがいいです。民間はもっと働いてるぞ!高給取りだ!と議員が訴え、それをみて拍手喝采する市民という構図は今でも見かけます。反体制の主張をすればウケはいいのですが、私たちはウケるために議員をやっているわけではありません。公務員の矜持を護り、市民との信頼を勝ち取るための手段、手法を考えていくべきです。

 

公務員は公務員でしか出来ないことを担っていくべきだと考えています。公務員や議員は、皆さんからの税金をどれだけ公平に使うかを決定しているところです。それはとっても大切なところで、どうしてもコストが高くなってしまうものです。だから、私はなるべく小さな政府を志向すべきだと考えるのです。

 

いずれにしろ、皆さんの税金で雇っているのです。ダメな人間は容赦なく落第点をつけましょう、同時に気持ち良く働いてもらうことも意識がけましょう。彼らがベストパフォーマンスを発揮する環境を作るのも、議会と市民の役割だと思います。

コメント & トラックバック

議員と公務員。
どちらも知識内容や分野においての得手不得手があります。
議員が全ての知識、分野を網羅する事は困難であり、
そこから完璧な発案を出す事は不可能です。
3人寄らばと言いますが議員17名だけでは限度があります。
しかも、議員定数削減の流れもあるわけです。
仮に17名が15名 13名となった時、
議員が出せる案というのは減った分だけ純減すると考えるほうが妥当です。
その点を補う為。
また、17名から定数削減がなく減らなくても発案者を増やす、
議論を濃くする為でもあるのですが、これがまず一点。

次に公務員も人ですから、人にやらされているだけの仕事と、
自ら案を出し議員に対しても違うと反論する権利を有するか否か。
これはトピックスに当てはまるやる気に繋がりますね。
反論するには理由の明示が必要です。

高石市に何が必要かと言いますと公務員の反論権です。
確か高石市は旧態依然とした条例ですので反論権は無いですよね。
反論権を与える事で議員は仕事がしにくくなります。
このとき、議員がし難いと感じるなら反論されない仕事を議員がするべきだと普通は考えます。
反論権が無いと公務員は言われたい放題で我慢するしかありません。
ここもやる気の欠落に繋がりますね。
それよりも反論権を認めたうえで、議員と公務員が切磋琢磨する機会を設ける。
さらに言うなら、この場が市民の見える場に示される。
市行政運営の全体レベルを上げるにはもってこいだと思いますよ。
もちろん、公務員の反論に対する報復的行為(恫喝や人事行為など)は明確に禁止しなければなりませんよ。

>三木有さま
コメント有難うございます。
反論権・・・執行権者と決定権者の関係性から、私は反問権と言うのですが(だいたい言っていることは同じだと思いますが)、議会と行政の議論の質を向上させるために必要だと思っています。
財源の根拠を考えずに好き放題しゃばっている議員さんもいます。そんな議員に対して「議員のご提案を飲むとすれば○○万円の財源確保が必要となりますが、どうやって調達しましょう」と聞かれたら・・・そんな議員さんは応えられないでしょう。
だから、議員も必死に勉強するようになり、対等する行政も・・・という相乗効果が期待されるので、導入に向けて、色々な議員さんに取材してみると・・・正直、賛否は分かれると思います。それは我が身かわいさだけではなく、しっかりとした理屈もあるようです、私の主張ではないので紹介はできませんが・・・。
まぁ、しかし、市長・議会は公務員のパフォーマンスを最大限に発揮させなければならないと思います。
報復人事や議会での職員イジメは以ての外、もちろん必要に応じて厳しい言葉をかけることもありますが、高く評価すべきところは評価してあげなければなりません。
現在の高石市役所は組織疲労をおこしているのが実情だと思います。

反問権ですと、イメージとしては議会の中だけの話になりそうです。
これはあくまでも言葉に対するイメージですが。
基本的に非会期中でも反論を不法としない条例改正を目指してもらいたいと思います。
同時に役人主導による条例案提出も請願請求のように議員の署名必要にすれば有りではないでしょうか?
(これが出来ない旨は無かったようにも思うのですが反論、反問が出来ない以上は、市長の行政運営に逆らう可能性があり事実上は不可能なのが今です。)
その他は概ね同意です。
その上で、役人の反論 反問に対してさらに反論を重ねて論争で勝つ。
若しくは役人にぐうの音も言わせないほどの完璧なものを議会に提出する。
これを行う事は議員冥利に尽きる最高の場面でしょう。

とりあえず、せせらぎとかスウィーツ街とか余りにも無駄なものはどうにかして下さい。
この二つだけで1億超えてるのではないですか?
アプラを持ってるのに羽衣駅にまた商業施設など。
これをやってて財源がとかお金は無いというのは、中々常識的に通りにくいと思いますよ。

>三木有さま
コメント有難うございます。
理解しきれていないのですが、非会期中でも反論を不法としないのであるならば、反論をする場所はどこになるのでしょうか。理事者に反論をさせる機会を与えるならば、開会中が原則であると思います。
請願となると、正しいかどうかは置いといて難しいですね、今の議会では。
市長が一人で条例提案できるのに対し、議会は17人でコンセンサスを取らなければいけないというのが足止めになりますし、逆にチカラにもなります。
せせらぎはどうしても必要とは思えませんが、その後の管理をしっかりとするならば、まだ許容できます。スイーツはいったん白紙に戻っていますので、胸を撫で下ろしているところです。
羽衣駅前の再開発とアプラは全く税財源の違うものなので、両者の比較は難しいと思います。

議会開催中に関わらず、役人=庶務は口答えするべからず
というのが今の高石市です。
ここを是正するべきと考えます。
どちらにせよ、高石市はまずは議会から反問権を与える事が重要でしょうね。

>スウィーツ
白紙に戻ったのは良い事です。
いつでも議会の内容を聞きにいければよいのですが・・・。
残念ながら通ってしまったと思っていました。
これは議員の努力の賜物だと思います。

>せせらぎ
鴨公園の中で長年止められている小川。
健康の為の歩行を促すなど市長等の答弁が正解であるとするなら、
鴨公園のものを動かした方が良いでしょう。
市内の幹線道路として機能させたい道に作るより安全面でも良いと思いますよ。
緑も多いですし道路を歩かせるより余程健康的です。
再整備費用は、せせらぎのポンプ設置費用の1/4も要らないでしょう。

>羽衣駅の商業施設
羽衣の再開発の是非ではないです。
問題なのは高石駅にアプラという商業施設があり、
ギリギリ歩いていける場所にもう一つ恐らく同規模となるだろう商業施設を作るのはどうでしょう?という事です。
二つ作ればアリオに勝てますか?
アリオに流れた高石市他の客層が高石に戻りますか?
この事業そのものの財源がどうというものでも無いのですよ。
アプラ一つも持て余している状態と感じます。
そのような施設が二つも存在させる計画は残念ながら無駄と思える点です。
それなら駅上に商業施設ではなくマンションを設置したほうが
住民数を増やすという点では効果的ではないですか?
駐車場設置も念入りに検討して。
残念ながら10億程度の商業施設ではアリオには勝てないですよ。
内容、駐車スペース、道路状況。
それなら小手先のブランド化を辞めてベットタウンとして高石市を考えた方が余程効率的です。
難波まで電車で20分。
関西空港まで電車で40分。
阪神高速堺乗り口まで15分
阪神高速湾岸線まで10分
近畿道まで10分。
阪和道まで10分。
高石市はベットタウンとしては最も優れた立地です。
バスが走っていないという笑い種はありますが、
それ以外で不便となる交通は高石には存在しません。
余計な事をしなくても住みやすい環境を作れば人が集まる立地です。
このような立地で何で市民数は減っているのでしょうか?
最新の住民数は昨年より1000人位減るという試算をどこかで見たのですが、
これが本当なら何故減るのでしょう?
行政運営に間違いが有るからではないですか?
この交通の便は企業にとっても利点です。
地代が高いというデメリットはありますが・・・。
同様に事業の拠点としても使いやすい立地でもあります。
しかし、事業主は増えていますか?
減っているから伽羅橋駅前のようになるわけですが・・・。

>三木有さま
コメント有難うございます。
■スイーツについて
言葉遊びするわけではありませんが、文字通り「白紙に戻った」ので、スイーツなど全ての可能性を視野に入れて検討していくとのことです。
まぁ、スイーツという選択をすることはないと思いますが、私個人としては気を抜かずに情報収集に努め、必要とあらば修正要請していかなければならないと思っております。
■せせらぎについて
個人的には、せせらぎを作るなら自転車帯を作るべきと考えています。特にウォーキングを奨励するなら。
■羽衣駅前再開発について
これは組合施行によるものなので、市としての関与がどこまで働くかは限界があります。
ただ、連続立体交差事業として再開発もセットになっており、「中止する」という選択肢は考えられません。
そして、商業施設とありますが、アリオとは比べ物にならないほど小規模です。そして、それらは競合関係にあるのではなく、規模の大きさ・立地条件の違いなどから考えて、自ずと役割分担できると考えております。
ただ、極めて稀な成功例であるアプラのように上手くはいかないとも考えております。
ちなみに、上部はマンションになる予定ですので、ご指摘のように「余計な事をしなくても住みやすい環境」が作られておりますので、隣の市のような状態に陥ることはないかと考えております。

スウィーツに関しては残念ながらという内容ですね。
別のトピックスに記載しました。

>自転車帯
これを考えるなら国会でも過去に問題視されましたが、
自転車専用帯への車両の違法駐車をどうするか?
ガードレールやポールで分離するのか?
通行区分(進行方向)の問題。
自転車専用帯を作成した後、ドライバーによる暴言をどうするのか?
(自転車は邪魔だから車道に入るなという等の暴言)
(自転車は法律上軽車両である為車道を走る事を義務付けられています。)
次に、専用帯や車道の走行区分(車両は左側通行など)に違反した自転車に対する罰則。
例えば、タバコのポイ捨て禁止条例のように罰則、罰金化まで考える。
せせらぎの項目に対する返答なので健康に関する事と考えます。
とするとサイクリングを想定していると思いますが、
自転車通行帯の中を併走する、前から後ろから乱雑に走行する。
とてもじゃないですが走れません。

>羽衣駅
住みやすいというのは住む人の事を考えているという事ですが、
現在の人の大多数は車を保持していますね。
一つに車を保管する車庫や駐車場は全戸数は完備出切るのか?
持たない家庭もありますが複数台持つ家庭もありますので平均1は必要です。
次に朝夕の酷い混みはどうするのですか?
踏み切りが一番の大きな原因ですが、踏み切りだけが原因だと思いますか?
住む場所は用意するからという運営では駄目ですよ。
今の概算計画ではそこまで考えられていないと思います。

>アリオ・・・極めて稀な成功例
立地、整備、規模、全てにおいて成功すべくして成功した例ですよ。
ここまでやって成功しなかったら、その方が稀です。
.
ちなみに高石市の商業施設のアプラですが、
西友跡地だったかの駐車場になっている箇所に関西スーパーが来るという話があります。
本決まりしているのかどうかは分かりませんが、
高石市のアプラに出店して協力してくれているコノミヤはどう思うでしょう?

三木有さま
コメント有難うございます。
■自転車帯について
軽車両である自転車と歩行者、自動車とのトラブルは尽きませんね。
歩車分離式信号も正しく使われていないのが現状ですし(要否はここでは置いときます)
しかし、今の歩道の狭さで自転車が安全に走れるでしょうか?歩道ではなく車道を走るべきですが、現実的に車道を走れるでしょうか?(ちなみに、自転車の車道通行は原則です)
現実をみれば、自転車が安全に走る場所がないんです。そこで、せせらぎを作る帯状の面積があるのであれば、自転車帯を作って、歩行者・自転車・自動車の住み分けを行うべきと私は考えます。
健康目的で住み分けさせるものではありません。あくまで歩行者に優しい歩道を整備する上で自転車帯を整備すべきと思います。
■羽衣駅再開発について
もちろんマンションなので駐車場は各個1台ずつ必要でしょう。それよりも商業施設の駐車場をどこまで確保できるかがミソです。
朝夕の混雑状態の解消は、踏切と歩行者です。
これは連立とペデで一定解消されます。
■アリオ
極めて稀な成功例は「アプラ」と書いていますので、宜しくお願い致します。
関西スーパーなんですが、出店が伸びに伸びているようですね。これはあくまで民間同士なので議会に報告が入ってくるわけではありません。
ですが、コノミヤと関西スーパーは販売価格帯、戦略体系が似通っているので、競合してしまうことは間違いないでしょう。

>自転車通行帯
これに関してはむしろ賛成で反対ではありませんよ。
ただ、やるなら帯を作りましたでは駄目です。
今までの高石市行政はこれに当たるので書きました。
通行帯、走行の仕方、それによる罰則規定まで明確にして始めて自転車通行帯が生きてきます。
これは歩道でも車道でも同じ事です。

>羽衣駅
一定解消される分は踏み切りの面ですね。
ですが、マンションで歩行者、自転車、車は増えます。
高架化し、ある程度の人間が南側(アリオに向かう筋)に抜けるとして相殺程度でしょう。
つまり、踏み切り分だけの少しだけ良くなった程度で終わる。
最も考えなければならないのは、多分、朝の7時~8時はざっくりした合計で30分超閉まっています。
その閉鎖時間の割りには混雑は少ないとは思いませんか?
市民が諦めて他の道から遠回りしてるわけですが、
この層の一部も流入してくる事も考えなければなりません。
これだけでは東西の道の混雑の原因は取り払われない計画なので・・・。

>アリオ
確かにアプラと記載でした。
すみません。
ただ、同時に驚きです。
アプラが成功ですか?
コノミヤさんは品揃えもよくて良いのですがコノミヤ以外はどうですか?
2Fなど土日でもまばらですよ。
昨年に100円ショップが撤退してから余計にまばらと思いますよ。
アプラからコノミヤが無くなればどうなりますか?
アプラはアプラが成功しているのではなくコノミヤが成功していると捉えるべきです。

>三木有さま
コメント有難うございます。
■自転車帯
たしかに、帯だけではダメですね。これは私も同意見です。
ただ、罰則規定と言うのは市からすればまさしく「言うは易し行うは難し」で、付与できるかどうかは分かりません。
まぁ、せせらぎが流れている以上、この自転車帯も現実味を帯びない話なんですが・・・。
■羽衣駅再開発
いえ、踏切の分ではなく、JR→南海、南海→JRの歩行者を上部に上げるペデストリアンデッキのことも含めています。
通勤時(もしくは夕方)のあの一帯をご覧いただいたら感じられると思いますが、道路を渡る歩行者が自動車を遮っている混雑状態を作っています。
歩行者をデッキで通行させることによって、一定の混在状態は解消されるという意味です。
■アプラ
再開発の成否は、人の流れがまばらかどうかという個人的な感想ではなく、経営状態という客観的な指標で判断されるべきです。
各テナントの皆さんの企業努力により、アプラそのものは黒字体質を続けております。
民間の情報なので、私が詳しく申し上げることはできませんが、売上高を支えているのはコノミヤだけではありません。たしかに、コノミヤさんが撤退となれば打撃となりますが、各テナントもアプラ全体を支えている現実もご理解下さい。
また、アプラの成功というのは、私の主観、経営状態だけではなく、各テナントさんからいただいた感想であるということも踏まえてご理解いただけると有難く存じます。

自転車の走行問題に関しては自転車道如何に関わらず考えるべきです。
どこまで厳格化するかですが、
一方で法律上は自転車及び歩行者の道交法違反は全て赤切符のみとなります。
青切符が存在しないので、切符を切られると簡易裁判所行きとなります。
それを躊躇って警察も取り締まれないのが現状です。
そこに青切符に代わる条例を制定するという利点が出ます。
赤切符は前科となりますが車にある青切符は前科は付きません。
罰則と言う意味での条例制定ですと確かに厳しすぎるかもしれません。
しかし、一方で自転車の取り締まりが厳密かつ厳罰化の傾向が有る中で、
市民を守る為のものにも成りえると思われます。

少々横暴では?と思える歩行者も居ますね。
その歩行者の横断「も」羽衣の駅前の煩雑の一つですね。
これが解消されると確かに理論上は駅前だけは通りやすくなります。
が通りやすくなるとそれ以上に車が流動します。
自転車は変わりません。
それどころか車同様に増えるでしょう。
踏切が長いから、踏み切り以外の原因がぱっと見では分かりにくいかもしれません。
むしろ、踏み切りがあるから恩恵をうけているドライバーも居るわけです。
ちなみに別に土地を買って道を広げろという意見ではありませんよ。

>三木有さま
コメント有難うございます。
そうですね、本当に軽車両の在り方は日々深刻になっています。
仰るように行政処分の幅も変えなくてはなりません。
高石には東西の基幹道路が少ない点から、三木有さまの懸念するように、ペデストリアンデッキにすると自動車の通行量が増えるかもしれませんね。
ただ、自動車の通行量が総じて減少傾向にあることや、東西の道が未整備ゆえ隘路を抜け道として利用しているドライバーも誘導することができるので、他所にも好影響が及ぶものとも考えております。

羽衣駅前 濱神社の筋 加茂の筋
これが工事完了後に出来る新しい横筋
第二阪和 旧26号線 南海高架下
これが工事完了後に高石を走る縦筋

この筋は効率的に流れを流出する事だけを考える設計にするべきです。
この道に対しては流出>>流入という設計です。
効率的に作られた不便な道は効率的に作られた便利な道に次ぐものとなります。
しかし、非効率的に作られた便利な道は非効率的に作られた不便な道に劣る道となります。
高石市のほとんどの路線は非効率的に作られた便利な道です。
羽衣駅筋もこれに当たります。
今もそうです。
高架化完了後はさらに滞留を生む箇所が高架化が原因で3箇所ほどあります。
うち一箇所は可能性は駅前よりは低いですが。
せっかくの市内幹線道路ですからこれを効率的に使う為に効率的な不便を考えるべきですね。
羽衣駅筋の賑わいの減少は商業施設を作れば良いというものではないのです。
これは伽羅橋駅筋の件もどうようです。

>三木有さま
コメント有難うございます。
選択と集中ということでしょうか。
道路というのは、単なる理論値であるB/Cだけでは交通予測することはできません。大型~小型の集客施設が一件できるだけで流れは変わってしまうものですよね。そこに不便な道、便利な道・・・を作っても、それこそ理論上の交通政策に終わってしまう可能性はないでしょうか?
「この道路を流出としてもっていきたっかたのに、敷設後、○○という施設が出来て車の流れが変わった。」となれば、また地図を書き変えないと・・・という議論になりますよね。
少なくとも、物理的に滞留を解消するには、線路の高架化、ペデストリアンデッキが最も有効な策となります。

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから