» 活動

 

昨日はドラゴンボート大会でした。

私は、高石商工会議所青年部として配艇をお手伝い。

 

毎年、この梅雨の時期なので天候が心配されますが、何とか大雨も降らずに、事故もなく、終われました。

聞くところによると、某市では、このドラゴンボート大会を行政が行ってきたらしいのですが、財政難で運営不可能になってしまったそうです。

ですので、今回、スタッフが全員ボランティアで運営されていることに大変驚かれているチームもありました。

何でもかんでも行政が行う時代ではなくなってきています。

市民力が問われています。

■  ■ ■ ■ ■ ■

本日で6月議会の議案が全て終了しました。あとは一般質問のみです。

最後に、クリア高石さんから議員提案として、中学校給食導入における検討委員会の設置条例について議案が提出されました。

そのなかで検討委員会の委員報酬が9000円記されていたのですが、この9000円の委員報酬は行政が提出していた補正予算には、もちろん計上されていません。

どうされるのですか?

と、聞いてみたところ、「財源は行政にまかせます」とのお答えだったので、それはあまりに無責任だろうと反対をしました。

他にも市教委の手法のほうが民主的であることもあり、反対したのですが、それに関しては議事録をご参照ください。

私が謂いたいのは、「議員としての責任」についてです。

いま、日本中の自治体が財政難です。もちろん高石もそうです。

そんななかで、議員は、自分の政策を実現するのに如何様にして財源を捻出するかを考えなければなりません。

その思考がなければ、市民の要望で終わってしまうし、実現なんて程遠いものです。報酬をいただいているプロとして無責任だと私は思っています。

日本を悪くしているのは悪意ではなく、無能な政治家である。と言われるように、議員は知識・能力ともにレベルアップしていかなければなりません。私もまだまだ未熟なので、勉強会やネットワークを作って、自分の無能な部分を補完しています。

■  ■ ■ ■

そういった思いもあり、かなりキツイ言い方もしてしまいましたが、私の真意はご理解いただいて、次回はもっと練れたものがでてくるのであろうと思っています。楽しみに待ってますし、高志会も提案していくつもりです。

そして、主義や主張は違えど、議員同士でビシバシやり合うことで、より質の高い議論ができると思いますし、何より高石市議会にとってプラスになると思っています。

議会基本条例で有名な北海道の栗山町では、議会中はかなりの激論が繰り広げられ、傍聴者も驚くらしいですが、終わったら、議会で懇親を深めあうそうです。

私も、言いたいことは言いますし、キツイ言い方もしてしまいますが、終わったあとで「ちょっと言い過ぎてゴメンね。」「いやいや、こちらこそ」「じゃあ、こういう実現の方法は・・・」と言い合えるような関係が誰とでも築けたらと思っています。

先入観や猜疑心でいがみ合うと、共通目標があっても、同じ歩調で進んでいけません。今の国会がそうですね。

高石市議会は随分、言いたいことが言い合える環境になってきましたし、議論ができる環境になってきました。

まだまだ、もっともっと、ですが、流れはいい感じですよ、高石市議会。

 月曜日からは総務文教委員会、そして、予算委員会が行われる予定です。

 今回の予算委員会は、市長の政策をたんまり入れている内容となっています。

 そして、議員の政策もたんまり提案できる絶好の機会となっています。

 私は「議会は行政のチェック機関」しか存在意義を果たしていないようでは、これからの地方自治の流れにおいて、通用しないと思っています。

 議会も、政策提案し、市民・職員共に一丸となって、マネジメントをしていかなければなりません。ですので、私は、チェックよりもマネジメントに重きを置いています。

 本気で政策や主張を実現していきたいのであれば、単なるチェックではなく、議員も一緒になって行動していくべきです。

 私たちは、無知な評論家でもなく、不安を煽るマスコミでもなく、自己満足なオンブズでもなく、議員なんです。議員は現実を変えるのが仕事です。

 そして、それが議員の責任だと自分自身に落とし込んでいます。

 もちろん、既得権益を守る抵抗勢力があります。そういった勢力については論理的かつ平和的に排除していかなければなりません。それも議員のお仕事です。

 いずれにしろ、選挙前より鍛えてきた政策提案をする機会がやってきます。

 サッカーに例えるなら、私はMFでありたいと思っています。

 前衛FW(職員)に意表を突いたパス(提案)をし、ときには、私もゴールを狙う(具体的な政策提案)。

 私にパスをくれるのは、市民であったり、他市の議員であったり、経営者であったり・・・今まで私の作ってきたネットワークを活かしています。

 そんなプレースタイルで臨みたいと思います。

 ウォーミングは終わりました。

 あとは、少しでも結果を残すようプレーするのみ。

 

地方自治法 第101条 第5項  

 招集は、開会の日前、都道府県及び市にあつては七日、町村にあつては三日までにこれを告示しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。  

  

 ということで、昨日招集されました。ちなみに天皇陛下が召集される場合は「召」を用い、それ以外は招集の「招」を用いるらしいです。だから、市長や議長が招集する場合は「招集」になります。

 招集されると議案も同時に発送されます。発送といっても、それぞれの住所に送付するのではなく、控室の机の上に置かれるわけです。

 今回は、改選後の初の定例会です。なので、議案のボリュームがあります。

 

 以下、主な内容をお伝えいたします。

■  ■ ■ ■ ■ ■

1.平成23年度の市長の施政方針演説

 1年間の市長のやりたい政策が説明されます。所信表明のようなもので、私たち議会は、これに対して各会派を代表し、代表質問を行います。国会でも総理大臣に対してやってますね、要はアレです。また、upします。

2.補正予算

 改選前は、市長が変わる可能性があるので、現職(当時)市長の政策は組み込まずに、最低限必要な予算を組むのです。これを骨格予算といいます。この骨格予算が前回の3月議会で可決されたので、この6月議会は肉付け(市長の政策)をされた補正予算が審議されます。

 

 あと、色々と指摘しなければいけない議案もありますが、大きな目玉議案としては、上の2案件だと思います。

 この2案件の内容に関しては、twwiterなどでリアルタイムで改めてお伝えいたします。

 選挙が終わったあとでの、議会です。阪口市長の掲げたマニフェストの実現に向けた4年間のスタートなので、かなり議論が深いものになるのでは、と思っています。

 開会は、6月9日からです。6月6日の議会運営委員会でこの6月議会の運び方が審議されます。

 梅雨の走りの風が心地よかったです。

 

 月二回の防犯パトロール。

 警察の協力も得て、ここ数年でひったくりが激減しています。

 非常に生産的な市民活動のひとつ。

 

 5月は地域安全運動ということで高石の到るところで、実施されました。

  ご協力いただいた皆様、お疲れ様でした。

 「御苦労さま」と声をかけていただいた皆様、有難うございました。

■ ヒアリング作業に勤しんでます。 

 昨日、今日と、同会派である高志会の松本善弘さんと一緒にヒアリングを行いました。

 ヒアリングとは、職員さんからレクを受けたり、抱えている課題を解決するよう求めたり、議論を交わしたりと、政策実現に向けてかなり大切な作業のひとつです。

 議員活動の1割ほどは、このヒアリングに時間を費やしています。しかし、この4年間は、もっと綿密に、このヒアリングという時間を有効活用していくつもりです。

 職員さん、宜しくお願いしますね。

 松本善弘さんは新人議員なので、財政のレクを受けてもらい、そして今年の目玉となるであろう中学校給食についての学びを共に深めあいました。

 議員は勉強してるだけではダメです。政策実現してこそ、私たちは市民からその意義を見出されるべきものです。

 でも、勉強しなければ、行政に太刀打ちできませんし、市民に対しても説明できません。

 

 

 一生懸命ヒアリングに取り組む松本善弘議員

 

 もうすぐ6月議会が始まります。

 おそらくボリュームのある審議になるでしょう。

 それに向けての訓練をしなければなりません。

 その為のヒアリング。

 共に頑張りましょう。

本日で臨時議会閉会、以下のように役が決まりました。

議 長  松本  定 氏

副議長  森  博英 氏

監 査  畑中 政昭 

 また、一部事務組合等への派遣議員や各種委員会の構成が決まりました。

 さて、監査委員というお仕事ですが、私としては非常に嬉しいお役目を頂戴できました。議会三役と呼ばれる議長・副議長・監査は、代表質問や一般質問などはできないよう申し合わせされているのですが、監査は毎月の例月監査、決算監査など、監査する力を向上させるに、申し分ない仕事場なのです。

 

 そして、それは私にとって最も伸ばしたいスキルの一つ。

 他市では、職員OBなどが名誉職的に代表監査となっている傾向があるのですが、高石市では公認会計士の方が代表監査になっていただいているので、そういった方と一緒に監査できるのも、高石の議会選出監査委員の嬉しいところ。

 ただ、監査に選ばれた以上、守秘義務というものが課されます。

  監査で知り得た情報を明らかにした際は、禁錮刑まで想定されています。

 もちろん捕まりたくないので、撒くチラシやこのブログの更新も、かなり気を遣わなければなりません。

 だからこそ、遣り甲斐があるのですが。

 とりあえずこの1年は、私のスキルアップ、そして、行政への「チェック」だけではなく「監査」をしっかりと励んでまいります。

 

 今朝はこんな風景。 

 この季節の見守り隊は心地いい風景と出会えます。

 

 この風景と子どもたち。日々の仕事による喧騒から、目の保養になりますね。

■ ■ ■ ■ ■ ■

 昨日は大阪教育改革の会の研修会。

 講師は、親学(http://www.oyagaku.org/)で有名な高橋史郎先生。お話を拝聴するのは、これで三度目ぐらいです。

 以下、気付き。

 ・東京では、約15%が発達障害。文科省が公表しているデータは6.8%(小中平均)、医師の認知もされず、潜在的な発達障害の児童がたくさんいる。

 ・発達障害は、後天的なものがあり、予防・早期発見で改善できる。

 ・カギは、保護者がどう関わるか。

 ・共感性、恥、罪悪感は二歳の終わりまでに身につく。

 ・親学の教え「主体変容」が肝要になってくる。

  主体変容:他者に原因を求めず、自己改善することによって、現状の改善につなげる。

 ・学力の格差はつながりの格差だという報告がある。
 ・それは、親との繋がり、地域との繋がり、教師との繋がりを指している。

■ ■ ■ ■ ■ ■

 この親学という考え方は、本当に現代社会に求められています。核家族化によって、親に親というものを教える存在が薄くなってきました。

 核家族がイケナイなどと短絡的な論を展開しているわけではなく、ニーズが変化してきていることに対応していくことが社会の成熟でもあると、私は思っています。

 私も核家族ですし。

 こういった背景により、児童虐待、発達障害、若者のモラルの低下など、社会問題となっているのは明らかです。

 近視眼的に物事を見ずに、根本解決を図ることのできる策、というより社会システムの転換を行わなければならないワケです。

 その一つが親学であると、私は思っています。

 まぁ、もっとも、私は、親デビューを果たして2か月ほどしか経っていませんので、このことは私生活で実践しながら・・・の話なんですが。

 いずれにしろ、教育はすぐに成果が出るものでもありませんし、結果を効率的に導き出すものでもありません。ゆとり教育という過去の罪は別にして。

 昔の人たちが当たり前に出来ていたコトを、今でも引き継いでいかなければならない。

 今、思い出さなければならない教育の原点は、温故知新であって。

 かつ、人が「正しい」ではなく「美しい」と思える原理なんだろう。

 きっと。

 朝から会派代表者会議。会派構成の報告や議席順などを各会派の幹事長同士で決めていきました。

 

会派名

人員 幹事長 氏名
日本共産党 出川康二 明石宏隆
公 明 党 佐藤一夫 久保田和則  宮口典子
第1市民クラブ 松本定 奥田悦雄
第2市民クラブ 古賀秀敏 永山誠
高 志 会 畑中政昭 松本善弘
市民ネット高石 綿野宏司 清水明治   松尾京子

森博英

クリア高石 寺島誠 山敷恵

※会派届け出順、敬称略

 私は、新人の松本善弘さんと若手同士で会派を組みました。

 「高志会」とは、「志を高く」という意味もありますが、高石の先祖の名前であり、高石という名前の由来でもあります。

 この会派の肝とするところは温故知新

 護るべきものは護り、変えるべきものは変え、伸ばせるものは伸ばします。

 ■ ■ ■ ■

 17日、18日は臨時議会。案件は、国保会計の補正予算。

 行政&議会用語でこの時期の臨時議会は「役選」と呼ばれるモノ。

 議長やら副議長やら監査やらを決めていくのです。

 往々にして、議会内でモメやすい議会と謂われています。

 役職や肩書の名誉欲に囚われ、我欲が議会内の調整機能をマヒさせるからだと謂われています。

 そんな風潮もあり、「肩書なんて私には関係ない」と市民へのパフォーマンスに勤しむ議員さんもいらっしゃいましたが、実は、議長とか副議長とかって、ホントに大切なんです。

 議長や副議長にならないと、変えることができないコトってたくさんあります。昨年、高石の議長は、近畿議長会の会長という役もありました。

 近畿のそれぞれの市の議会のまとめ役というお仕事なわけですが、この年は議員年金の廃止問題があって、その調整に全国を走り回っていた議長を、私は傍で見てきました。

 コレですね。http://hatanakamasaaki.net/news/?p=492

 掛けてきたお金を全額支給できないから、何割に抑えるか。それぞれの声を近畿でまとめるわけですから、大変な労苦ですよ。

 そんな時の議長が、「国家的詐欺に屈せず、皆で闘おうじゃないか!」と空気の読めない自称改革派では、何も現実は動かなかっただろうし、

 「(お金が)無いものは無いんだから仕方がないじゃないか・・・」と覇気のないイイ人だけの人物なら、80%という数字は勝ち取れなかっただろうし。

 高石市議会の一角の人物を議長に選ばなければいけません。

 私たち市議は、それに於ける候補者であり、有権者でもあります。

 

 まぁ、もっとも、高石はそこまで「モメる」ことはなくなりましたが。

 いずれにしろ、「肩書なんて~」と先入観で思ってしまって、無関心にならずに、しっかりと決めなければいけないワケです。

 それが来週の臨時議会。

 昨日から東京に行ってました。選挙もあったので、約1年ぶりの上京でした。私が東京に行く理由は、霞ヶ関へヒアリング&要望、もしくは林塾などの政治家同士の研修会がある時です。今回は、両方。

 

 あいにくの雨。でも関西よりはマシだったようです。

 さて、ヒアリング&要望の内容は、

 ①高石が財政健全化を果たすうえで鍵となる土地開発公社の保有している借金で塩漬けになっている土地の問題解決に向けて ※たたみ債というもの ご興味ある方は→http://www.soumu.go.jp/main_content/000009773.pdf#search=’第三セクター改革推進債’

 ②地方分権の直近の動向

 どちらも難しい内容ですが、どちらも高石にとって非常に大切なモノです。

 ①については、まだまだ問題解決に至っておりません。一度伺ったぐらいで、現実が変わるとも思っていませんので、あきらめずに智略と情熱をもって、何度でもお伺いさせていただく予定です。

 

 ①は単独でしたが、②からは林塾の若手議員と一緒にレクを受けました。この方の話は本当に面白い。地方分権に留まらず、議会改革、震災対策まで、日本を動かしている現場からの忌憚のないお話を聞かせていただきました。

 いつも有難うございます☆

 

 ちなみに、当然、総務省も節電中。これでフラッシュたいてます、中は真っ暗です。震災はテレビの向こう側の情報だけではありません。

 

 

 そして、林塾の講義と徹底討論を午前3時ごろまで行い、朝から塾の運営について話し合い、帰阪しました。

 会議の様子。

 新幹線で夕方ごろ高石に帰ってきました。

 

■■■■■■■■■■■■

 たまに「市議は地元にいてナンボ、あまり地元を離れるな」と諺のようなご意見をいただくこともありますが、私はその度に「そんな時代は終わりました」と申し上げています。

 私は、地元が大好きですし、そこで一生を終えることになるんでしょう、おそらく。

 だからこそ、高石の将来を担保する責任があるんです。

 いかに高石を俯瞰して見るか。

 そうでなければ、これからの自治体は地方分権という大きな変革に耐えれません。

 若手だからこその具体的な将来への責任を果たすために。

■■■■■■■■■■■■

 

 私たち候補者は当落かかわらず、選挙にかかったお金を収支報告書で選挙管理委員会まで提出しなければなりません。

 0円以上からの領収書を添付して、費目別に分けて、出納簿を作って、5月9日までの〆切に間に合うように作らなければなりません。

 しょうじき、結構な手間です。政治関係はこういう手間は多いのです。年に一度、政治団体(後援会など)の会計報告、政務調査費の領収書提出(3年前導入)などなど・・・。

 しかし、こういった手間の一つ一つは先達の罪によるものです。

 不正なお金のやり取りや、業者との癒着・・・そういった「市民から政治への信頼を失くしてきた原因」があるからこそ、こういった手間をこなしていかなければなりません。

 そして、そんな原因があるからこそ、公職選挙法というものは、非常に分かり辛い法律となっており、実用的ではなくなっています。

 これも「孫子に回してしまったツケ」なんです。

 だからこそ、将来を見据える政治が必要なんです。

 それが間違いかもしれない。あるいは正しいかも知れない。でも、そんなことは将来の人間が決める答えであって。

 今、私たちができることは、将来を見据え、そのために今やらなければいけないこと、変えなければならないこと、守らなければならないことを、責任をもって実践していくことなんです。

 高石の未来の為に、今を変えましょう。

 

 お陰さまで1548名の方が私に期待してくださって、二期目のスタートをきることができました。

 前回より得票が少なかったのは、私に期待して下さった方が期待しなくなった、若しくは、落第の判を押されたということです。

 ボランティアの方々や、畑中まさあきを広めてくれた方々には、ただただ申し訳なく、自分の努力不足だと思っています。

 しかし、それをバネに、腹を括り直して、この4年間を今まで以上に、駆け回ります。

 そして、政治を「魅せる」ことに力を注いでいきたいと思います。

 選挙期間のときよりワクワクしていますし、やる気が漲っています。

 さぁ、楽しみ。

 公職選挙法では、お礼を禁止されていますので、ご報告まで・・・。

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから