» 活動

5月19日(水)19:00~ カジノ勉強会 @難波

 この日は、泉大津市議の南出賢一氏http://mina-ken.jugem.jp/が企画してくれたカジノの勉強会に参加してきました。

 正直、「カジノ」と聞くと、「治安が悪くなる」との印象を持っていましたが、それは大きな誤解で、逆に治安が良くなり、文化も発展するといったことを学びました。

 映画やドラマで取り上げられるカジノは、どちらかというと印象が良くありません。しかし、シンガポールなどでは、文化施設などの収益性の低いものに、カジノの収益を充てることによって、持続可能な補完関係があるとのことです。

 国でも、民主党を中心として、公営カジノの検討に入っております。橋下知事も経営戦略として、大阪でのカジノ設置を考えていると聞きます。

 風呂敷を拡げ過ぎず、現場にあったカジノを導入するため、私ももっと勉強してかなければなりません!

 ここ最近忙しかったので、まとめて更新させていただきます。申し訳ありません。

 5月17日(月)19:00~ 関西州政治家連盟結成総会 @天満橋

 最近、「道州制」や「地域主権」が、新聞やテレビで報道されています。橋下知事も国のスローペースな権限委譲に先駆け、府→市町村へと、責任と仕事を委譲されています。

 しかし、私の感ずるところ・・・道州制が未だに良く分からない、どんなメリットがあるのか?など、「ハッキリと定義されていない言葉が一人歩きをしている」ように感じて、仕方がありません。それは、住民だけではなく、我々議員も正直よく分からないという方がいらっしゃるのが現状だと思います。

 我々、若手議員は、かねてより道州制について議論を深めたり、道州制の勉強会を開催したりしてまいりました。

 そのなかで、私の集約した道州制とは、「町づくりに自分たちの意思が介入しやすい」「自治体ごとに自然格差が発生する点」 です。どちらかというと、前者はメリット、後者はデメリットと受け取られる方も多いと思いますが、私は、この二つは切っても切れない関係性にあると考えています。

 国からの画一的な制度ではなく、町の風土・環境にあって、現場の人間が、最前線の町づくりをしていく、このように自分たちの意思が介入しやすい町づくりは、それだけその自治体が野に放たれるといったことにも繋がるからです。

 そうすると、自然と格差は拡がります。その地域に、ダメな議員、ダメな市長、ダメな知事、それを決めている有権者がいてしまうと、その自治体は戦略も練れず、今までどおり政治家が私服を肥やし、有権者が気づいたときは、町が破綻しているといった状態になってしまいます。

 逆に、優れたマネジメント能力を有した市長、しっかりとしたチェック機能をもった議会、大きな成長戦略を練れる知事、それを支え、共に自立した行動をする有権者がいる町では、福祉・医療・経済などが成長し、活性化されるといったことになります。

 上記は、強引な例えでも何でもありません。私が考える道州制は、「単なる権利の委譲」ではなく、「明確な責任の委譲」であると強く感じています。

 裏を返せば、このままでは確実に破綻してしまう日本を救う最後の手段、背水の陣であるのです。

 道州制や地域主権が導入されたら、ばら色の生活が待っているわけではありません。住みやすいまちにするのか、住めないまちにするのかの裁量を拡げるものが、私の考える道州制です。

 関西州政治家連盟では、あくまで道州制ありきではなく、道州制の研修・勉強をして、もっと掘り下げた議論をする活動をしていことになりそうです。

 失礼な言い方をすると、私たちが傍観していても、どんどん権限と責任が国から、府から降りてきます。そのために、高石・大阪・関西を強くしていかなければならないというのが、自分に課せられた使命でもあると思います。

 ここで、研鑽を積み、継続的に活動をしていきたいと思っております。

 

http://news.biglobe.ne.jp/politics/683/san_100507_6834296782.html

昨日は総会に向けての会合でした。形になってきた、ネットワークの有難さと重要性を感じます。

地域主権の道州制は、正直「怖い」と感じます。今の議会・行政の状態では、委譲される権限も責任も仕事もこなせないからです。

しかし、市議としての仕事の幅を拡げたいと思いますし、現場に則した政治をしなけれいけないとの思いから、道州制には賛成です。

よく「自分たちのまちにメリットがあるかどうか」といったことを聞きますが、そのメリットを作っていくのが、道州制導入後の議員の仕事です。

今の議会はチェック機能ですが、マネジメント能力も必要になってきます。

もっと自分も腹を括って、磨かなければ。

〈参考〉

http://hatanakamasaaki.net/news/archives/?p=220

 今日は、本当にいい天気でした。朝からは、毎月第一日曜に開催される青空魚市のお手伝いに、昼からは泉佐野市議の布田拓也さんの市政報告会に行ってきました。

布田拓也http://blog.livedoor.jp/nunotatakuya/

 GWにもかかわらず、どちらとも盛況でした。

 

 泉佐野市は、財政健全化団体に指定されます。これは、夕張市のように財政破綻にならないようにする措置、いわゆるイエローカードのような存在のものです。

 泉佐野市はこれから大鉈をふるってでも財政健全化を行っていかなければなりません。財政健全化とは、市民サービスの見直し、人件費の削減等々・・・市民生活に直結したものであり、生半可なことでは成し得ることはできません。

 そんななか、どうやって住民に理解を求めていくのか。己のみを削ることも大事です。しかし、最も求められているのは、将来の展望と真摯な説明であると思います。

 布田氏は、甘言を言うこともなく、泉佐野の潜在能力から引き出される将来のビジョンを語っておられました。

 高石も同じく、財政健全化をしていかなければなりません。高石だけでなく、日本中のほとんどの自治体がこの課題に直面しています。

 そんな状況下において、議員として求められるのは「覚悟とビジョン」だと、いつも認識させられます。

 甘いことを言って、市民を惑わすのはなく、行政に執拗に批判するのではなく、ただただ現実(リアル)に問題を直視し、市民と一緒になって、高石市を建て直していく姿勢を持ち続けたい。

 その初心が、僕の原動力。

4月18日(日) 11:00~20:00 関西若手議員の会 総会 シンポ 懇親会 @WTC

  

 この日は、関若の総会でした。昼からは、東京財団をお招きして、議会基本条例のシンポジウム。地域主権で、最も変わらなければならないのは、「自分の意識」です。

 自分の立場が行政なら職員の意識、議会人なら議員の意識、市民なら政治への意識をそれぞれの立場で変えていかなければなりません。

 私も議員として、少し先の変革より、長中期的な変革を意識するようにしています。どのような環境の変化が待っているのだろうか。

 私には、直感的な先見の明は持ち得ていませんが、思い描くビジョンからの逆算による先見の明を醸成していきたいと考えます。

 4月20日(火)13:00~16:00 近畿議長会総会 @リーガロイヤル堺 

 

 

  今年は、高石市が近畿議長会の当番市になっているので、議会事務局の職員さんだけでなく、他の部局の職員さんも手伝ってくれての総会。

 川渕三郎氏に講演をしていただき、「夢」について語っていただきました。

 「夢」というものは、将来の自分へ求める姿と私は定義します。そして、初志と呼べるものです。この初志に向かって進むうちに「夢」から「志」へと進化すると思います。

 もっとたくさんの子どもたちにも聞かせてあげたい内容でした。

 4月22日(月) 19:00~22:00 高石商工会議所青年部総会 @サンルート関空

  

 さて、昨日は商工会青年部(YEG)の総会でした。役員改選などにより、私は「地域の力発信委員会」に参加することになりました。

 事業内容は、高石のロシア人捕虜の出来事から、子どもたちに温故知新を知ってもらい、郷土愛を育んでもらう事業が計画されていました。

 また、自分の先祖の誇りある行動に思いを馳せることで、「一人で生きている」から「自分の命は連綿と続くもの」と、おぼろげながら意識することに繋がると思います。

 私も、松山、広島、舞鶴、知覧と、記念館を訪れるたびに、そんな気持ちになりました。そして、今の自分の周りのひとたち、今までの先祖・両親に対する感謝を無意識に感ずるようになりました。

 非常に素晴らしい事業に参加させていただくことにモチベーションもあがります☆

 4月15日(木)13時~ @博多小学校の視察

 4月16日に九州で林塾の会議があるので、それに合わせ、いつもの若手議員とともに公立小学校の統廃合の現場視察に九州は博多まで行ってきました!

 ・・・学校の統廃合?そんなの高石に関係ないやん。

 と、思われるでしょうが、この問題は、少子化が進めば進むほど、現実味が帯びてくるのは明白です。もはや、廃校は過疎地のものだけではなく、都市部でもその可能性を孕んでいるというのが現状です

 しかし、廃校という大鉈をふるうのは、あまりにも険しい壁です。平然と、自分の母校が無くなるのを眺めることはできないでしょう。

 私は、自分の政治家人生で、時期が来れば、小中学校の統廃合はいずれ将来訪れるであろうと肌で感じます。

 「住民の理解を得られるようにすること」や「これまで以上に教育が充実した学校づくり」をするためには、必ず見ておかなければならない現場が、今回の視察先でした。

 博多は都会とはいえ、昔ながらのまちであり、そういった意味では高石の住民意識と共通点があります。

 卒業生が多く住んでいることや、地域コミュニティーが充実していること(自治会運営の幼稚園があるほど!)など、類似点が多く見られました。

 写真でご案内いたします:-D

現地の市役所の行政資料コーナー

高石とは違って明るい!イメージ戦略を大事にしている職場だと感じました。

まずはじめに担当職員からヒアリング!

そして、学校へ。校庭で元気に遊ぶ子供たち。

幼稚園児も同じ運動場で遊んでいます。子どもたちの世代間の思いやりが働くようになるそうです☆

ガラス貼りの校長室。少しお金がかかりそうですが、風通しのいい学校になりますね。

今、注目の「壁のない教室」、ちなみにこの日は参観日。保護者の方が、気軽に隣の教室の授業風景を見れるのは、いいですね☆

 とてもいい経験値を蓄えることになりました。統廃合だけでなく、様々なフィードバックを高石にしていきます!

 そして、市役所に帰り、林先生の講義。

 本当に内容の詰まった一日でした!

 ちなみに、夜は・・・天神や長浜にも見に行きたかったのですが(笑)、会議が午前3時ごろまで続き、博多観光は断念し、早朝に帰阪いたしました☆

 またまた、まとめての更新です。申し訳ありません。

4月1日(木)18:00~ 林塾講義@吹田

 この日は、毎月1回おこなわれる林塾の講義(講義内容は、やまとことばについて)。林塾は、3部構成となっており、1部が先生からの講義、2部は講義についての徹底討論、3部は車座になって国のこと、まちのことを議論し合います。朝まで費やすこともあります。

 

 ここに集まっている方は、本当に熱い政治家のみなさんで、ご自身のまちで一騎当千のごとく活躍をされている方々ばかりです。そんな集団のなかで議論することで、自分の刃が砥がれていく心地になり、家路に着くころには心機一転、新たにモチベーションを高くなっています。

 馴れ合いではなく、反駁でもなく、「志」で繋がった人間同士の寄合というものは、非常にいいものです。公でも、私でも。

 4月3日(土)10時~ 道州制塾@大阪狭山

 この日も道州制についての勉強会に行ってきました。いつもは、政治家が主体となった勉強会が多いのですが、今回は市民の方が多く、「日々、市民の間で道州制の関心が高まっている実感」に嬉しくなりました。

 そのなかで、堺で活躍中の永藤氏http://ameblo.jp/nagafujihideki/にお会いし、先日の林塾でのお話以来の再開でした(1日ほど 笑)

 帰りに、「明日、高石でフリマをするのですが、もしよければ、見に来てくれませんか?」と軽く誘ってみましたら、本当に翌日のフリマに来てくれました。

 小さな約束を守る人になりなさい、と大学時代の恩師から教えてもらいましたが、果たして今の自分はできているだろうか?

 もう一度見つめなおそうと思いました。

 昨日は、5期インターン生の報告会でした。他市の議員のインターンと一緒に2ヶ月間の報告をパワーポイントでおこないました。

 私は、この2カ月で得た学びをすぐに忘れてほしくないとの思いから、彼らに活動ごとに「気付きと置き換え」を課していました。これは、政治家養成の塾で、先生に教えてもらったことです。「優秀な経営者は講義を聴きながら、左半分のノートに気付きを、右半分には気付きから得た行動計画を記していく。だから、敏腕な経営者は行動力があり、やることが早い。」と教えてもらいました。なるほど、と感じました。

 

 先生の教えの受け売りかも知れませんが、これが見事ハマりました。活動中でも「私が何を伝えたいか(気付き)と、どう自分の人生に落とし込んでいくか(置き換え)」を考えることで、かなり、彼らのレベルが上がったように感じます。

 報告レポートも、気付きと置き換えが反映されていたと思います。

 

 各インターン生が、議員のもとで学んだ政策や事業、政治家に対するイメージの変化などを発表していきました。

 大学生とはいえ、なかなか高いレベルでのプレゼンで、今回初めての参加だったのですが、関心してしまいました。

 議員インターンと聞くと、「政治家志望」と受け取られがちなのですが、私は全くそう考えてはいません。もちろん、志望するなら私は全力を賭します。

 しかし、このたったの2カ月でできる「私から彼らへの教え」は、政治という場面をフルに使った人生観を養ってもらうことであると、私は自分で決めています。

 彼らは、これから大学を卒業し、社会人となり、日本の社会を支えなければなりません。私は、今後社会人となる彼らに「国際社会に羽ばたき、日本の将来を担う人材」へと成長して欲しいと思っています

 また、政治の現場をリアルな感覚で感じることによって、有象無象の政治家を見抜き、真のリーダー(政治家)とともに、自分が住んでいるまち・国のために一翼となって欲しいと思っています

 私は、事務所も持っていませんし、どうしても受け入れる人数が少なくなってしまいます。しかし、ここで学んだことを周りの学生に広めるスポークスマンにもなって欲しいと、彼らにお願いしています。

 この波紋は予想以上に広がりを見せそうで、私と同じ考えの議員がたくさんいることに最近気付きました。同士がいることは心強いことは言うまでもなく、様々な連携も可能になってきます。

  

 周りのチカラが有難い。最近、本当に感じます。

 昨日は、小学校の卒業式でした。自分の母校でもある高石小学校の卒業式に参列させていただきました。

 

 春・・・・・・「別れと出会い」が、この季節にまとめられている気がします。私も、中学・高校・大学など、様々な「別れと出会い」をこの春の時期に経験してきました。涙もあり、希望もあり、寂しさもあり、期待もあり、様々な感情が入り混じるのが、この卒業式ではないでしょうか。

 

 子どもたちが、一人ずつマイクを持って、「6年間で楽しかったこと」「これからしたいこと、克服したいこと」「中学校に馳せる思い」などを話してくれました。

 なかには、涙でつまる生徒もいました。

 みんな、立派に「思いの丈」を話してくれました。

 

 子どもというのは、本当に不思議なものです。自分の子どもでもないのに、自分が緊張したり、ドキドキさせられたり、してしまいます。

 なんでなんでしょう?

 おそらく自分の子どものことを考えることになったら、もっと右往左往させられるんでしょう・・・

 待ち遠しくもありますが(笑)

 毎年。この卒業式と入学式が楽しみです。

 新1年生と6年生の「出会いと別れ」が彼らの成長と共に、感じ入るからです。

 「子どもは宝」

 

 そんなことを、いつも再確認させてくれる存在が、子どもなんですね。

 皆様、こんにちは!関東や九州で春一番が吹きました、2月なのに温かい日が続きそうですね☆

 さて、今日は10時から総務文教委員会が開かれました。審議した議案は3議案です。

 職員の給与(一時金廃止)や手当(地域手当の変更)、退職金手当が支給される勤続年数の引き上げなどが、総務文教委員会に付託され、いずれも全会一致で可決となりました。

20 / 22« 先頭...10...1819202122

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから