» 活動

昨日、3月議会の議案が発送されました。

今朝の朝刊に掲載されていた内容が主なものですが、

・ 土地開発公社のたたみ債の発行

・ 防災体育館の建設

・ 南海中央線の完了宣言(中央公民館までの区間が期限を迎える)

・ 新給料表の導入(国に準じた俸給表に、今まではそれよりも多かった)

・ 中学校給食の導入(高石中、取石中も工事スタート)

・ 高師浜運動広場の人工芝張替

・ 羽衣保育所の民営化

・ 津波避難タワーの整備

・ 生活保護適正受給の体制整備

・ 国保会計への一般会計からの法定外繰入(独自減免等分)

・ 臨海工業地帯の液状化対策

など、まだまだ目玉となる項目がたくさんあります。

なかでも、高志会で提出した予算要望書のいくつかが結実しており、有難く感じております。

しかし、「いや。これは、ちょっと待てよ。」というような項目もあるので、審議までに、綿密なヒアリングを重ねる必要アリです。

個別の具体的な内容については、追ってアップしてまいりますので、宜しくお願い致します。

 

■ ■ ■ ■

13日には、石平氏をお招きし、講演会を高石・泉大津・和泉YEGで開催させていただきました。

中国経済の減衰と、習金平政権のこれからの戦略、尖閣諸島領域における中国の蛮行など、多岐にわたり、抑えておかなくてはならないポイントをご講演いただきました。

 

私は、日本という国が中国を救わなければならないと考えております。

・・・というと、誤解をされそうなのですが。

 

中国の取り戻す原点は日本にあります。

孟子から連なる陽明学は、幕末において吉田松陰、高杉晋作が影響を受け、昭和の首相の指南役である安岡正篤先生がしっかりと受け継がれています。

孔子の論語は、悠久ともいえる歴史のなかで日本人がテキストとして使用してきました。

いまの中国は、これら四書の教えを踏襲できていないのは明白です。辛亥革命、文化大革命などで、中国は先人の素晴らしい教えを閉ざしてしまいました。

日本においても残念なことに論語や中庸を読まれなくなって久しいですが、取り戻そうという動きは高まってきております。石平氏曰く「中国で根絶やしにされた孔子の理想は、日本で花開いていた」とのこと。

 

もちろん、いまの中国は油断できませんが、鳩山さんみたいに阿るのではなく、もっと大局的視点から中国を考えるべきだと私は思うのです。

新しい塾生を迎えての林英臣政経塾第8期が1月23日、スタートしました。

塾を卒業し人生をかけて国と地域を改新する誓いをたてた者を塾士と、入塾し林先生の学びを深めている者を塾生と呼びます。

私は第4期卒塾生として現在は塾士、東北・関東・関西・中四国・九州の各講座の関西講座長を仰せつかっております。

 1月例会

講座の内容は、塾士同士での政策研修、現地視察など多岐にわたるのですが、改めて感じたのは、林塾長から「君たち塾士も卒塾をしてからも厳しい修養を積むように」との思いが講義に込められておりました。

 

ややもすれば、卒業や修了を果たすとその時に学んでいたときの心構え、覚悟を忘れがちになる傾向が人間にはあると思います。厳しい練習ばかりだった野球部を終えたあとOBで後輩指導をするときや、資格入手の為に勉強をしていたときにストイックな気持ちなど、「合格」や「卒部」などの節目を迎えた後はどうしても気がゆるんでしまうことはないでしょうか。

 

本塾では、そんなことが「当たり前」に許されず、塾士になった時からが本当の覚悟の要るところであるという自己への厳しさが求められる場です。

そんな当たり前のことを塾長に求められた自分への反省と、改めて刺戟を感じさせられた1月例会でした。

 

褌をしめ直し、高みを目指して成長を続けたいと思います。

 

最後に、講座にあった講孟箚記のなかでイチバン好きな一節を。

 

少年軽鋭(ケイエイ)鬱蒼喜ぶべき者甚だ衆(オホ)し。然(シカ)れども艱難困苦(カンナンコンク)を経(フ)るに従ひ、英気頽廃(タイハイ)して一俗物となる者少なからず。唯真の志士は、此の処に於て愈々(イヨイヨ)激昂して、遂(ツヒ)に才を成すなり。

 吉田松陰「講孟箚記(コウモウサッキ)」

訳). 若者は軽やか、活発であり、その将来への可能性の豊かさがある。しかし、苦労を経験するにしたがい、才能は衰亡して俗物となる者が少なくない。ただ、真の志士は苦労を経験する際に、気持ちが高ぶり、ついには才を成す。

 

今年は、今迄とは比べ物にならないほど挑戦的に活動をさせていただいた1年でした。

 

それぞれに公的目的はあるものの、そのひとつひとつが私を大きく育ててくれました。

 

何よりも、それぞれの活動において共に闘ってくれた仲間の存在に、大変有難く感じています。

 

「事は一人から起こるが、一人では進まない。」

 

友人、同志、同僚。

そう呼べる仲間と共にこの1年活動できたことを改めて年の瀬のこの時間に感謝を表したいと思います。

 

どうぞ、来年も宜しくお願い致します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今秋は、たかコン・予算要望書の作成・親学シンポとただでさえ忙しい秋の季節に思い切り自分のやりたいことを詰め込んでチャレンジした秋でした。

(※親学シンポはまだ終わっていません、明後日なので是非お越し下さい!)

この成功体験を得ることができましたが、同時に課題も生まれ、まだまだ自分を鍛え直さないといけないと思えたことが私的には最高の収穫物でした。

その収穫は言うまでもなく果敢な挑戦があったからこそ。

自分のレヴェル以上に行動することで、あらゆる能力が格段に向上します、それこそ脱皮するみたいに。それでも、課題が生まれるから、また挑戦し、その繰り返しが成長に繋がります。

自分自身を、どこまで安全じゃないフィールドに置くことができるかが、とっても大切だと思います。

 

・・・「あぁ、この秋の過ごし方は間違っていなかったな」と、ちょっと自信がついていたのですが。

 

昨日、西宮まで同志の応援に入って、一変しました。

自分よりもはるかに精密で高速な情報処理能力。

自分よりもはるかに愛のあるチームへの心配り。

自分よりもはるかに親切で丁寧な市民への応対。

自分よりもはるかに紳士的な奥様への言葉遣い。

 

完敗です。

尊敬する同志なので、競争意識はありませんが、男の子なので素直に悔しいです。

このままの成長速度ではいけない。

思い知らされました。

 

褌締め直します。

会派で予算要望書を提出しました。

現時点での高志会の政策の集大成です。

普段から張っているアンテナから少しでも漏れのないよう編纂したものです。

 

平成25年度予算要望書 (PDF)

 

しかし、まだまだ網羅性という点で完璧ではありません。

だから、ご覧頂いて「こういう提案はどうなの?」というものがあれば、ご一報ください。

 

貴方の声を高志会が行政に提案します。

10月29日、30日は高石市議会の総務文教委員会での行政視察でした。

 

1日目は愛知県大府市。視察内容は、「『健康都市おおぶ』みんなで美しいまちをつくる条例」というもの。往々にして、こういう条例は「みんなできれいなまちを作りましょう」というような理念だとか目的だとかのみ条例化されており、そんな条例があることすら知らないという状況になってしまっているケースが散見されます。

しかし、この大府市の条例はそういった「作ることが目的の条例群」とは違い、制度の運用、啓発を着実に行っている「運用することが目的の条例」であって、その「運用することが目的の条例」足らしめている要素は、罰則でした。

例えば、空き缶のポイ捨て、ペットのフンの放置、禁止地区での路上喫煙は2万円以下の罰金、落書き、資源物の持ち去りは5万円以下の罰金、その他にも自動販売機の設置者は回収容器の設置と管理も義務付ける(違反者は氏名の公表)など、周りの人に迷惑を及ぼす行為に罰則規定を設け、指導員や推進員に巡回してもらい、住民の意識を向上させようとされており、見事にそれがハマっていました。

ただ、罰金についてはかなり議論されたらしく、全会一致とまでは至らなかったようですが、科料することが目的ではなく、意識を高めてもらうことが目的なので、個人的には罰則規定は必要であると考えます。

また、この条例は議員提案によるものであることから、罰則規定を設けるヘビーな制度設計は職員ではなく、議員が腹を括ってすべきものだと改めて感じました。

私は、以前より通学路だけでも分煙をするべきと訴えております。見守り隊で立っていると、歩きタバコをしている人の後ろを小学生が通学しているという風景をよく見かけますが、そんな環境はどう見てもおかしいです。

何とか実現させたいのですが、今回の視察で大きなヒントを掴みましたし、何より他の議員さんも同調してくれていたのが何よりの収穫でした。

大府駅前の啓発看板。

 

2日目は静岡県掛川市。宿泊場所もこちらにお邪魔しました。掛川市ではごみ減量化について学びました。

掛川市は「日本一の環境都市」を目指しており、平成22年度において「一人当たりのごみ排出量」が全国で1位とのこと(642.5g/日人で人口10万人~50万人の自治体の部)。※高石市は約500g/日人だが6万人の人口レベルでは多い方。

そんな掛川市の取り組みを勉強してきました。ごみ分別指導やノボリによる啓発、レジ袋削減、古紙回収コンテナの設置、BDF(バイオディーゼル燃料)の利用など、やれるものは全てやるという徹底された取り組みに感心しました。

しかし、そんな掛川市も高石市と同じく来年度からゴミの一部従量制(一定量を超えると有料)を導入するとのことです。焼却された灰の行きつく先である最終処分場もいくつも用意できるわけではありません。ゴミを捨てるということは少なからず未来にツケを回してしまっているということも忘れてはいけないことです。

市役所は、茶畑をイメージ。段々畑風になっており、なんともステキなデザインでした。

霜よけ用の防霜ファンまで設置されており、ビックリ。

下から見るとこんな感じ。

・・・健康に良さそうな職場です。

日本YEGの近畿ブロック大会が福井県は小浜市で開催され、高石YEGのメンバーとして参加してきました。思ったほど遠いもので、午前7時30分に高石を出発し、現地に到着したのはすっかりお昼時になってました。その後、大飯原発の見学、大懇親会を経て、高石に帰ってきたのは、日にちが変わる手前でした。

 

今回の弾丸ツアーで楽しみにしていたのは、日本で再稼働している唯一の大飯原子力発電所の見学。3.11以降、原子力発電所の見学は原則自粛をしているなかでの見学ということになります。

感想は、思ったより「差し障りのない内容」でした。つまり、私が想像する以上にデリケートな対応をされていたと感じます。それも致し方ありませんが、あれだけクリーンエネルギーとうたっていた姿は見る影もなく、その雰囲気に驚かされました。

 

ちなみに、私自身は、このブログで紹介しているようにヒステリックな反原発論も、危機感のない原発推進論も、どちらとも現実味のない話だと考えています。

 

ただ、私たちがエネルギーを求める限りは必ず、その多寡にかかわらずリスクというものは付き纏います。メタンハイドレートオーランチオキトリウムなど未知の新エネルギーにまで頼ろうとするほど、世界のエネルギー問題というものは深刻です。

だからこそ、原子力というものも再度向き合わなければなりません。そして、それを果たすのは、原子力に関わる人間でしかありません。

だからこそ、彼らは原子力発電所の正当性を主張すべきだと考えます。

あの凄惨な事件の顛末を総括し、かつ、批判も覚悟の上で。

あまりにも正々堂々とした態度は不謹慎だけど、あまりにも顔色を窺うような姿勢が残念でした。

禊。

| 活動 | | 1件のコメント

9月のことですが、東大阪は枚岡神社にて林英臣政経塾の地方議員有志で禊をさせていただきました。恥ずかしながら、滝に打たれるのは人生初めての経験でしたので、褌や鉢巻きの拵え方などから学ばなければなりませんでした。

 

滝に打たれる前は、「宜しくお願いします」と気持ちを込めて、きちんとした作法に則らなければなりません。作法の内容については口伝による伝承が原則だということなので、ブログでは詳細を記すことはできませんでしたが、作法後の滝に打たれる直前には、冷え切っていた身体がしっかり温まり、身体的にも意味のあることだと驚かされました。

 

 

頭上数メートルから落ちてくる滝は、かなりの衝撃があります。しっかり肩に当てないと、打身を起こしてしまいそうなほど。

 

 

禊を終えた一行です。身体から穢れと罪が払われた気がして、不思議な爽快感に包まれました。一方で、代謝のよる疲れからか身体が非常に気だるく、海水浴に行った帰りを思い出させるかのようでした。禊の先輩いわく、まだまだ穢れが残っている証しだそうです。

しかし、本当に気持ちのいいもので、純粋に再び足を運びたくなるような感情もおぼえました。そのためには、作法もまだまだ素人なので、今後は業法の修練を積まなければなりません。これからも定期的に伺いたいと思います。

それ以前に「痩せろ」と厳しい指摘がありそうですが・・・

 

 

最後に、中東宮司と記念写真。「お笑い神事」にちなんで、全員で大笑い。

明日から15日まで6月議会が開かれます。

私は2年ぶりに一般質問に臨みます。

内容は、生活保護の不正受給、校区編成、人材育成の3点。少し楽しみで、少し緊張してます。

議案も数は少ないものの、市民生活に直結し、タフな議論を要するものが多いです。

議案の内容は以下の通り。

■議案1号 高石市暴力団排除条例制定について

 →高石市が暴力団排除に向けて明文化することで本格的に取り組む姿勢を明らかにしたもの。「密接関係者」などの文言をどう定義し、位置付けるかがポイント。

■議案2号 外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整備に関する条例制定について

 →外国人(3カ月以上在留)に対して住民サービスを一層向上させるための条例制定

■議案3号 高石市立幼稚園条例の一部を改正する条例制定について

 →昨年だされた公立幼稚園の統廃合に伴うもので対象は羽衣幼稚園。耐震補強やコストメリットだけでなく、公立幼稚園としての機能集約を図れるかがポイント。

■議案4号 高石市市税条例の一部を改正する条例制定について

 →法律施行に伴い、所要の改正を行うものだが、府から市へのたばこ税の権限委譲なども盛り込まれている。

■議案5号 高石市立保育所設置条例の一部を改正する条例制定について

 →加茂保育所の民営化に伴い、既定のなかから保育所の項の削除を行うもの

■議案6号 高石市自転車駐車場条例の一部を改正する条例制定について

 →高師浜駅・伽羅橋駅自転車駐車場において、エコ通勤に向けたレンタサイクル事業を行い、また当分の間、使用料を無料とするための条例制定

■議案7号 専決処分(H23補正予算)

 →補助金、市債が確定したことによる補正予算。なかでも臨海企業の法人税増収、約4億8000万円が白眉。

■議案8号 H24 一般会計補正予算

自治会のコミュニティ助成金、ブランド戦略、公用車購入 

防災対策(地域防災計画の見直し、津波ハザードマップ作成) 

節電・熱中症対策

公立保育所民営化事業(羽衣保育所)

不活化ポリオワクチン接種費

公立幼稚園耐震化(2次診断:加茂・北、実施設計:高陽、加茂、北)

■議案9号 高石市と堺市との間における消防事務の委託に関する規約の変更の協議について

 →府からの権限委譲に伴うもの

■議案10号 調停の成立について

 →泉北第3事業所用地の範囲確認の調停について

以上が、審議予定の案件です。

 

木曜日のことですが、政経倶楽部大阪支部の1周年の例会において、パネルディスカッションのコーディネーターとして参加をさせていただきました。

今、大阪維新の会をはじめ、滋賀、名古屋、愛媛などで「地方から国を変える」という行動体が群れを為して誕生しています。我ら林塾の塾長である林先生も「地方議員にこそ国を変える礎となる」とインスピレーションを受け、7年前ほどに林塾を創設されました。この林塾は、1年間は塾生として学ぶという期間があります。「この指とまれ」で多くの塾生を囲い込むのではなく、少数精鋭の仲間たちと同じ釜の飯を食べ、孔子や老子などの中国思想や大和ことば、世界史観などを学び濃密な時間を過ごしていきます。

この林塾の塾生の宿泊費などにご支援をいただいているのが政経倶楽部連合会です。

 

パネリストは、岡本忠藏:京都府議会議員、畠中光成:みんなの党第8区支部長、吉田康人:前高槻市議会議員、特別講師として林英臣先生というメンバー。「地方議員が考える国家観」として、国防などの安全保障、徳育を中心とした教育改革、皇室を中心とした日本の在り方などを議論させていただきました。なかでも、岡本府議が国防についてブログで分かりやすくまとめていただいているので、コチラ(岡本忠藏HP)もご参照ください。

 

 

さて、敢えて特筆したいことは「地方から国を変える団体」についてです。この例会でも議論の焦点の一つとなったのは、大阪維新の会です。上記にも列挙しましたが、これから地方から国を変える行動が盛んになり、群雄割拠の様相を呈すことになるでしょう。しかし、その行動体のスタンスが「我々こそが」という排他的な姿勢になってしまっては求心力のある行動体とはならないでしょうし、やや独裁的かつ統制的な政治が行われてしまう危険性も孕んでいます。よって、それぞれがそれぞれの特性を活かし役割分担をこなしていかなければなりません。

 

そのなかで大阪維新の会などは、「既存政党にはないスピード感があって頼もしい」とあれば、一方で「独裁的だ」という批判的な意見もあります。私は、二つとも大阪維新の会という特性であって、どちらか一方の角度で賛否の全てを評価することは難しいし、あまりにも部分的な見解であると考えます。たしかに独裁的だけど、今の混迷している時代においては、それぐらいの勢いのある行動体による破壊活動が必要であると、私は評しています。政策的な是非よりも組織の総体としての評価ですが。

よって、ニュースや新聞などで取り沙汰されている維新の会の一挙手一投足に、いちいち賛否を論じるのは聊か早計であると思います。

 

何事も新しくするには、まずは古いものを壊さなければなりません。明治以来続く府県制度と中央集権体制、過度の西洋化。大正以来続く個人主義の蔓延。戦後においては、アメリカに押し付けられた日本国憲法、皇室という存在の希薄化など、あまりにも古い体質がそのまま残っている状態が今の日本です。それらをまずは壊さなければなりません。その役割というのが維新の会ではないでしょうか。であるならば、少々荒っぽくなってしまうでしょうし、それぐらいでなければ旧体制というものは壊れないでしょう。

 

しかし、壊したあとの再生。つまり建設革命はどのようなものであるべきか。坂元龍馬は、倒幕後のビジョンを考えていたからこそ船中八策を考えることができたのでしょう。地均しが済んだあとに、どのような建物を建てるかを今のうちからしっかりと考えておかなければなりません。今のところ、破壊後のビジョンをもっている行動体は、この国には未だ存在していないように思えます。

 

そんな新たな国家ビジョンである国是と呼ばれるものを地方議員で議論し合うパネルディスカッションが、この例会でした。有難いことにご参加いただいた皆様からも「有意義だった」とのお声を頂戴することができました。この議論の内容を煮詰めていくことも必要ですが、私たちは評論家ではなく政治家ですので、思いやビジョンを結実させてこそ、その存在を認めていただける立場です。

 

正しいことは誰でも言えます。

それを実行し、実現させなければなりません。

私が正論を主張することの為に市民の皆さまから選ばれたわけじゃありませんので。

まずは地方から実践していきます。

 

フェイスブック

アーカイブ

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから