» コラム

 昨日は、杉並区長の山田宏区長との会談・シンポジウムに参加しました。山田宏区長は、減税自治体構想に代表される「全国初」と呼ばれる政策を次々と打ち出されてきたことで有名ですが、何よりも今まで出会ったことのない胆力の持ち主であることに驚かされました。

 その言霊ひとつひとつが、心の芯の部分に響き、区長の覚悟と本氣を感じ入ることができました。

 いちばん印象に残ったのが、日本人のスタンスは依存心から自立心に戻さなければならない。国民の依存心を増長させる定額給付金や子ども手当ては、日本人の自立の心を蝕むことになる。

 皆さんは、この言葉をお聞きになってどう思われますか?

 私は、まったく同感ですし、この自立心を広めなければ、たちまち高石だけでなく、この国が没してしまうと強く感じるのです。しかし現実は、「貰えるものは、やっぱり嬉しい」なんです。そう思う住民に責任があるのではなく、国民のポピュリズムを喚起させるような国の政策が悪いと思います。「欲しい」と言ってないのに、あげるわけです。しかも、未来にツケは、もう回されています。

 以前、高石市では障がい者給付金の廃止の案が出されました。所得制限もなく、ただただ現金を支給するこの制度は、ばら撒き福祉であると思っていました。

 が、しかし・・・

 このお金を期待している方々がどれだけいるんだろう?

 日常生活が大変なのに、廃止にすると、さぞや落胆されるのではないか?

 批判されるだろうな・・・

 などと、心のどこかで一歩踏み切れない自分がいました。

 しかし、彼らの生活はお金を渡すより、制度の充実や我々の意識の変化が何より不可欠と腹を括り、そのばら撒き福祉を廃止することに賛意を表しました。

 しかし、やはりどこかで「スッキリ」しない自分がいました。

 そんなとき、ある障がい者の関係の方とお話しして、

 「給付金はばら撒き福祉。私たちは、無造作に渡されるお金に一喜一憂しないで、どうやったら社会生活を送れるか。その心構え、これを積極的に考えなければならない。」と言ってくれました。

 なにか胸のつっかえが取れ、その方に自立の姿勢がありありと見えました。また、要らぬ心配をしていた私も恥ずかしくなりました。

 これは単なる一例です。

 行政に依存している人もいれば、自立されている人もいます。

 今、財政難の自治体が日本中にあるなか、住民の依存を全て受け入れることはなかなかできません。

 だから、住民は行政に依存せずに無理やり自立しなければならないのか?と思われる方もいるかもしれません。

 今の時代は、地方自治体も自立できていません。国からの補助金や交付税を当てにし、自分の足で立とうとはしていない自治体ばかりです。そんな自治体が住民に自立しろといっても納得できない話です。

 率先垂範。まずは、自分の住んでいる行政を自立させ、そして、一方的な寄りかかりではない真の支え合いをするような住民コミュニティーを作ることこそが、今の時代に最も求められている「在るべき姿」だと感じます。

切磋琢磨

| コラム |

>http://www.dousyusei.jp/sinbun.htm
>http://www.kahoku.co.jp/news/2010/01/20100125t71014.htm

 非常に羨ましいうごき、出遅れるな。関西も負けてられない。

憲法と宗教と道州制

| コラム, 活動 |

1月25日 18時30分~ 「憲法と宗教と道州制」

 この日も一通り仕事を終え、いつもの若手議員などのメンバーと梅田で勉強会に参加してきました。講師は、なんと高石市在住の平岡先生でした。以前もお会いしたこともあり、会場では驚きを隠せませんでした(笑)良縁はさらなる縁を呼び寄せるとあります。人との出会いには、いつも驚かされます☆

 さて、勉強会の気付きと置きかえです。

 ○戦後60年大阪を含めた地方は、中央集権体制の影響もあり、衰退し続けている

  →そもそも中央集権体制というのは、全体主義であった太平洋戦争中の遺物に過ぎない。個人主義となり、ニーズが多様化している現代では、中央集権体制がかみ合わず、官僚の画一的・統一的な政策が国民生活との確実な剥離を起こしている。

 ○道州制は、平成の廃藩置県

 →江戸時代、大名に気に入られ、大恩もある西郷隆盛や木戸孝允などは、明治維新をやり遂げた。欧米諸国に対抗する日本を作るためには、手段の一つとしてサムライの権力の分散が必要であった。西郷や木戸は、今まで世話になった大名の権力の分散をおこなったのが、廃藩置県である。恩情に対する裏切りともいえるかも知れない。ただ、それぐらいのことをしなければならないのが道州制であり、改革でもあるといえる。道州制は廃府県置州である。

 ○道州制を考える上での必要不可欠な哲学

 →「人間とは何か」「地域とは何か」を考えながらの道州制でなければ、結局は「誰か」の思い描いた社会で、今とさほど変わらないものになってしまう。その地域に住む人が、地域の特性を活かして、清濁併せ呑むまちづくりができる環境を作るのが道州制である。人の心など、人間として基本的なことを忘れた場合、道州制は紛い物となる。

 まだまだたくさんありますが、主な気付きと置き換えは以上です。宗教というと、私も含めて、偏見をもってしまうのが実情です。先祖崇拝やクリスマスも宗教といえばそうなのでしょうが、今、私の考える宗教は「ヒトの心を考える」ことです。そして、自分に人間としての義務を課すことでもあります。ヒトとしての芯の部分を確認させていただきました。

 ※「気付きと置き換え」というのは、勉強会などで気付いたことを自身の行動にどう落とし込んで活動していくか、ということです。自分の心のなかにあるだけでは、その学んだことが、自分のなかで「他人」的なものですが、ブログ等の外にだすことによって、学んだことが「身内」となって、自分のものになっていくと思います。 

 また、私の勉強会における内容の報告だけでなく、自分がどう活かすのか、どう捉えるのかを、皆さんに発信していくことで、意識・認識の共有ができるのではと、考えます。

 以上、タイトルの説明が長々となりましたが、この「気付きと置き換え」シリーズで勉強会で学んだことをお伝えしますので、宜しくお願いいたします。

 

 

1月20日~21日 政治家勉強会@京都市

 1日目 17時~20時:塾の説明等

 2日目  9時~12時:吉田松陰

 

 少年軽鋭(ケイエイ)鬱蒼喜ぶべき者甚だ衆(オホ)し。然(シカ)れども艱難困苦(カンナンコンク)を経(フ)るに従ひ、英気頽廃(タイハイ)して一俗物となる者少なからず。唯真の志士は、此の処に於て愈々(イヨイヨ)激昂して、遂(ツヒ)に才を成すなり。

 吉田松陰「講孟箚記(コウモウサッキ)」

訳). 若者は軽やか、活発であり、その将来への可能性の豊かさがある。しかし、苦労を経験するにしたがい、才能は衰亡して俗物となる者が少なくない。ただ、真の志士は苦労を経験する際に、気持ちが高ぶり、ついには才を成す。

【気付き】

 この吉田松陰の言葉で感銘を受けたのが、「苦労を経験したときに、ただ単にへこまず、何くそ!と思えるぐらいの器量で、苦難にのぞみなさい」というメッセージです。苦労というのは、辛いものです。時には理不尽で、時には残酷で、容赦がないと思ってしまいます。しかし、その壁を乗り越えると、次の壁をしのぐことのできる、いわゆる免疫のようなものが身につきます。苦労から逃げてばかりいては、免疫がつかないため、なかなか次なる壁を乗り越えることはできません。この松陰の言葉では、苦労を経験するところに留まらず、苦労を受けたときこそ、より気持ちを前向きにし、乗り越えなければならないと書いてあります。苦労はチャンスでもあるということです。

【置き換え】

 私自身、この松陰のメッセージを聞いたときは、「果たして自分はできているのか?苦労を受けた際は、へこまずに立ち上がり、気持ちが高ぶっているのか?」と自問しました。そういった心の問いかけに対し、自信をもって「YES」と自答できませんでした。

 苦労を受けたときは、やっぱりしんどいものです。なかなか、「よし、やるぞ!」とすぐに腹を括れることはできないかも知れません。しかし、へこんでいる時間は、勿体無いものです。私は、この松陰の言葉を思い出すことで、頭の切り替えができるようになるかも知れない。そうすることによって、苦労をチャンスに変えれるかもしれない。

 非常にあり難い先人の言葉にめぐり合うことができました。

 明日からも頑張ろう!苦労、かかって来い!

 ・・・・こんなときに限って、なかなか苦労が来ないものですが(笑)

 

 この日は16時より関西州ねっとわーくの会が主催されている道州制の勉強会でした。 松屋町の非常にオシャレな煉という御屋敷再生複合ショップのカフェで行いました☆

 http://len21.com/index2.htm

 「道州制」というと、州都がどこだとか、近畿地方が統合されて関西州になるだとか、報道されていますが、本来の目指すべき道州制はそれだけではありません。

 道州制とは、繁栄の拠点となっている東京にヒト・モノ・カネ・情報・文化、そして産業が一極集中している中央集権体制を見直し、各地域を各分野の繁栄拠点として分離・分散することで、日本の建て直しをするための改革が本質にあります。

 現在は、東京圏が頭、地方は手足といった体制で、住民の多様化しているニーズには対応できなくなってきています。官僚と現場の認識が食い違い、無駄な事業・独立行政法人が多すぎ、税金の無駄遣い、国民目線からの不透明化が現象として起こっています。

 バブル崩壊以後、景気対策として国債を発行し、公共事業をおこなってきましたが、結果残ったのは、景気回復した日本ではなく、借金まみれの日本でした。

 もはや小手先の財政出動では、日本は埋没してしまいます。道州制というドラスティックな日本の形の変換をしなければならない時期に、今来ています。

 こういうことをお話しすると、「市議会議員が国のことを考えるのは立場違いだ」とご意見をいただきます。制度上は、仰る通りです。しかし、霞が関と地方自治体の明確すぎる上下関係に最も苦しんでいるのが、地方議員です。国からの補助金をもらえなければ市の事業ができない現実、そのために必要以上の幅員のある道路を作らならければならない現実、このことを我々は肌で感じて、実際に市民のためになっていないことを変えていかなければなりません。もちろん全てが全てそうではありませんが、もっと地方に裁量と責任を移すことをしないと、本当の市民目線の政治ができない現実があります。

 道州制は、日本の建て直しと成長戦略である。

 このことを強く意識させられた勉強会でした。

7 / 7« 先頭...34567

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから