ワークショップ市民力

私たちが毎年提出している政策提案書を一緒に作ってみませんか?
「市民の声」をカタチにするためには「政策」にしなければなりません。
「政策」を創るためのプロセスを一緒に考えましょう。


▼日時
8月27日(日)13時00分~15時00分

▼参加費
もちろん無料

▼場所
カモンたかいし(2階多目的ホール)
https://www.konami.com/sportsclub/trust/takaishi_shiritsu/

▼申込&問合
畑中政昭(担当窓口)
072-263-0522
gavhattan@hotmail.com

▼対象
市内在住在勤、もしくは生まれ育ったなどの高石に所縁のある方
お子様連れも大歓迎です!
定員:30名

ワークショップ市民力2

▼開催趣旨
こんにちに至るまでに、各地域の特色ある意見を聞くために自治会などに入り込んだ市政報告会や、報告会にはなかなか来にくい若者の層をターゲットにしたトークイベントを開催してきました。
高志会はこうして「市民の声を聞くことが起点」という議員として基本的な活動に全力で取り組んできました。市民の声を実現できたものもあれば、そうでないものもあります。その過程で気付かされたのは「現場の声をカタチにする難しさ」です。つまりは、住民と市役所の感覚の大きなズレです。
すべてに隔たりがあるとはいいませんが「その隔たりがもう少しだけ埋まれば問題は解決するのに・・・」と思わされることが少なくはありません。住民のみなさんも決してエゴを押し付けているわけではないのに、役所の職員も旧来のお上目線で見下しているわけではないのに、ボタンの掛け違いのように対立関係になってしまっているときがよくあります。しかし、時代の流れはそれを許してくれそうもありません。本来の「自治」を目指して、住民を巻き込んで参画しやすい環境を整備するよう国から方針が出されています。
そんな環境下において、私たち高志会は今まで取り組んできた一方通行の報告会を進化させる必要があると考えています。それがワークショップ(体験型講座)です。毎年、市に提出している政策提案書のテーマを皆さんと議論して、まとめあげて、実際に行政に訴えます。
「わたし、政治に疎いから行きにくいわ。」いえいえ、そんな声こそ貴重なんです。日ごろ、思っていることがあってもなくても、お気軽にご参加いただければと思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

*

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから