» 日進月歩バックナンバー

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

今年の7月、公立幼稚園の保護者から「幼稚園の統廃合が急速に進められている、話を聞いてほしい」という問い合わせをいただきました。
私たちは統廃合を主張してきたので、日本全体で子供が減っているなか「公立幼稚園を子供がたくさんいた時代と同じ数を存続させること」がいかに難しいかを、その場で説明しました。
保護者の方も「致し方ない状況は理解せざるを得ないが、強引で早すぎる進め方は到底理解できない」と怒りを露わにされ、その我が子を思う感情に私たちも共感させられました。

の続きを読む »

選挙とは、まちや国の未来を決めるために、自分自身の責任においておこなう「選択」です。
あなたの未来を彩るために使われるのか、目先の甘言を果たすために使われるのか、それはあなた次第です。
でも、いざ、選挙になって「誰に入れていいか分からへん」とならないためにも、
あなたは、その選択肢をじゅうぶんに知っている必要があると思うのです。
私たちは選択肢のひとつです。
だから私たちは、夏も冬も、自分たちの考える高石の未来を、政策を、配り続けてきました。
高石の至るところを歩き回って、報告会を開催して、若者から意見を聞いて、様々な現場に飛び込んで、
みんなが高石にたいして思っていることをたくさん聞くことができました。
まだまだ途上ですが、この前の選挙から1年間、みんなの思いを紡いで政策へと編み上げてきました。

そんな1年間の報告を今号でおこないます。
とはいっても、とても書き切れないほどのテーマがあったので、今回は中学校区別にしてみました
とはいっても、それでも書き切れないほどのテーマがありますので、更なるご意見を頂戴できればとても嬉しいです。
ご高覧いただきますよう、よろしくお願い致します。

の続きを読む »

名称未設定-3

 

「○○派」という考え方が政治を歪めています。
ときおり、「日教組がやってるからダメ」とか「自民党が進めているから信用できない」とか、
内容の正否よりも出所や立場で全てを否定する発言を見かけますが、私はそんな枠にはめた考え方を否定します。
「いいものは是、ダメなものは非」と、政策の内容で判断しなければいけないのに、
組織がどうだとか、出所がどうだとかで政策の背景や立場で判断しようとする風潮がまだ残っています。
3月議会では、その象徴的な案件がありましたので、ご紹介いたします。

の続きを読む »

名称未設定-2

子供同士で自由に遊ぶことは、コミュニケーションの基礎を養うのに非常に有効。

例えば・・・イジワルしてしまったら、なかなか素直になれないけど、謝らないといけない。
年下の子供が軽いケガをしたら保健室に連れて行ってあげる。
鬼ごっこなど決められたルールで遊ぶのではなく、遊び方そのものを発明、進化させていく。
なにかしらのバトルに勝利するためにチームを組んで協力し合う、など。

学力、スポーツ、道徳も大切ですが、「遊び」についてはそれほど重要視されていません。
それどころか、子供達の遊び場は大人の都合でどんどん減っていっています。

そんな社会課題に対する政策提案。

の続きを読む »

名称未設定-1

土地開発公社というものをご存知でしょうか?
土地の価格が上がり続けたバブル期において、値上げする前の段階で、道路事業用の土地を買収するために作られた第三セクターです。
これらの土地は借金で購入されたため、バブル崩壊後の地価下落を受けて利息だけが積もり続ける塩漬けの土地となってしまいました。
年間約2億円の利息を10年以上も払い続け、下落時買収での差損を被り、最終的には公社を解散するために約42億円の債権放棄を余儀なくされました。
平成25年の冬の出来事でした。
当時の厳しい財政状況ゆえに避けられぬ事態だったかも知れませんが、市民の巨額過ぎる税金が市民サービスに還元されることなく消えていったのです。
この過去の猛省に立って、未来にツケを回さぬような政治判断を、税を預かるプロとして、貫かねばなりません。

の続きを読む »

若手の4名で会派を組むことになりました。

会派といっても「数で議会内勢力を強めよう」とかいう野合ではなく、志を同じくする強固な信頼関係に裏打ちされた仲間同士の集団です。

そんな新しい「高志会」としての最初の機関紙「高志会レポート」。

ただいま印刷作業中ですが、ウェブ上で先行リリースいたします。

どうぞご覧くださいませ。

名称未設定-2

高志会レポート全文(PDF) ↓
高志会レポート07_merged

名称未設定-3

 

みなさん、おはようございます。

今朝も畑中のチラシを受け取ってくださって有難うございます。

急いでおられる方や、昨日の疲れが残っている方を前に、
「おはようございます!」とチラシを配るという申し訳ない行動をしているのに、
今まで笑顔で受け取ってくださって有難うございます。

選挙前だけ頑張ってる」「議員は何をやってるのか分からない
そう言われないように、駅頭に立たせていただき、チラシをお配りしてきました。

そして、駅頭での配布も含めて4年間で約30万枚ものチラシをお届けしたのは、
みなさんに少しでも政治や街のことを考えるきっかけを作って欲しかったからです。

日頃のお仕事でそんなことを考える暇がないかもしれません。

ですが、電車のなかやお昼休みの間だけでも、
「高石ってこういう問題があるんや」とか「こんな魅力もあるんや」という発見をすることで、
選挙や街への向き合い方が変わる、ひいては街への関心が高まる選挙へと繋がると信じ、今日までお騒がせをしました。

議会が終われば、自分のデザインでチラシを作り、自分の足で高石市内をくまなく歩いて、「畑中の思い」を届け続けた4年間でした。

「初めて見た」という方もいるでしょうが、それはそれで新たな出会いとして、これからも暖かく見守っていただければ幸甚です。

これからもお騒がせするかもしれませんが、変わらぬお付き合いを宜しくお願い致します。

日進月歩NO.17表

日進月歩NO.17裏

名称未設定-1

 

この4年間、自分の足でポスティングをし続けたのは、市民への報告義務を果たすことはもちろんのこと、政策型の政治・選挙を根付かせたかったからです。

市民が政治家を判断するには、「高石をどうやってよくしていくの?」という視点を判断基準に入れた政策型の選挙に変えていくべきです。
そんなことを言うと「市民は政策なんて読まん」という声が聞こえてきます。
たしかに、地方議会でのやり取りや市議会議員のチラシなんて、世間のニュースからすれば退屈かも知れません。
しかし、私たち政治家が「どうせ読まれないんだったら、チラシを配るのやめよう」と諦めてしまうことは、市民を舐めた態度に他なりません。
私は、それだけは嫌でした。

議会が終わるたびにチラシを自分の足で配り続けましたが、それだけで「高石市民が政策へ関心が高まる」わけではありません。
大体は政治家のチラシなんて読まれずに捨てられる運命にあります。
それをいかに読んでもらうようにするか、業者には任せず、この4年間でイラストの基本を勉強して、読んでもらうチラシ作りの努力が必要でした。
もちろん、政策を訴えるのですから妥協できるはずもなく、私のチラシはB4両面文字ビッシリ。
そんな「誰も読まんわ」と言われるようなチラシを、どうやったら読んでいただくかを考え続け、配り続けました。

最近「虫めがねで見てるから楽しみにしてるぞ」と嬉しいお言葉を重なるようにいただきます。
一方で「政治なんてよくわからない」というホンネもよくお聞きします。
そりゃそうです。
でも、そこから逃げないで。
高石市は私たちの街だから。

よくわからない政治に向き合って、みんながもっと街や政治のことを考え、選挙で判断してもらうようなまちづくりを、私はあきらめません。

↓↓↓PDF全文ダウンロードはコチラから

日進月歩NO.16表

日進月歩NO.16裏

名称未設定-2名称未設定-1

8年前の初めての選挙からずっと、私はこのように街頭演説で訴え続けています。

あなたは高石市議になにを求めていますか?

いろんな式典に来賓として招かれ、胸に赤いリボンをつけて挨拶することでしょうか?

それとも、選挙地盤である地域からの注文を行政に届けることでしょうか?

どちらも大切なことですが、税金をもらって働く私たちの仕事はそれだけでいいのでしょうか?

将来に対するビジョンと、それを実現させるための政策を持たずして政治家と呼べるでしょうか?

もっと政策を重視した判断基準でないと必ず高石の政治は悪くなります。

だからこそ、私は全身全霊で自分のビジョンと政策を示します。
「日進月歩NO.15」は高石ビジョン編(前半)です。どうぞご高覧ください。

PDF(全文)ダウンロードはコチラ↓

日進月歩NO.15表

日進月歩NO.15裏

名称未設定-4

「君たちは選挙前だけ頑張ってるんだろ?」

最初はグサッと刺さったこの言葉。
「いや、そうじゃないですよ」と抗っても、なかなか理解してくれず。
たしかに、その少しのやり取りのみで信頼してくれ、という方が無茶というもの。
なら「行動で示すしかない」と、活動し続けた2期目。

市民の願いを受け、政策を創り上げ、
行政へ提案し、結果を市民に報告する。

示すべき行動とは、この基本的な議員活動をひたすら徹底することでした。
市民の思いを聞きに伺い、実現に向けて調査研究を行い、
昇華させた政策を提案し、一軒一軒のポスティング、そして報告会での活動報告。
真冬の駅立ちも、真夏のポスティングも、目の回る忙しさも、
「選挙前だけ頑張ってる」という悔しい言葉をバネにして続けてこれました。
最初はグサッと刺さったこの言葉。いまでは原動力へと変わっています。
もちろん政治家へのイメージは、たった4年の行動で簡単には変わりません。
変わりませんが、この言葉が励みになり活動し続けてきた4年間を報告します。

PDF(全文)ダウンロードはコチラ↓

日進月歩NO.14表

日進月歩NO.14裏

2 / 512345

フェイスブック

pdf文書をご覧になれない場合はAdobe Readerを取得して下さい。

Adobe Readerの取得はこちらから